読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

猫がかわいくなかったら (中公文庫)

猫がかわいくなかったら (中公文庫)

猫がかわいくなかったら (中公文庫)

作家
藤谷治
出版社
中央公論新社
発売日
2019-02-22
ISBN
9784122067011
amazonで購入する Kindle版を購入する

猫がかわいくなかったら (中公文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

coco夏ko10角

近所の老夫婦が入院しその家の老猫をめぐるバタバタ。関わった人は大変だ。自分も猫は好きだけどここまでできないな。主人公が「部屋で探し物が見つからなかったら盗んだって疑われるんじゃ…」って心配してる場面があるけど、自分もそういうのが怖い。ちょいちょいリアル…と思ったら解説「ほぼ著者の実体験が基になっているそう」だそうで。大変だったろうなぁ。

2020/06/07

rosetta

★★★☆☆ホンの顔見知り程度の近所の老夫婦が二人とも入院することになり残された猫の世話を押し付けられた主人公夫婦。と言っても61歳と52歳だからこちらも若い訳では無い。家には既に4匹の先住猫がいて連れ帰れない。老夫婦のアパートに通うのだが、大家は最初から老夫婦に悪意を持ち猫が死んでも家の中でなければ構わないと言う態度。役所の福祉課の職員も生活保護を受けている夫婦の事は気にするが猫の行方には関心無い。夫婦は夫婦で見栄張りで無責任の上痴呆も入って話にならない。奮闘する主人公達をユーモラスに描くが基本地獄絵図

2019/06/13

ophiuchi

すっかり人気者になった「ひふみん」こと加藤一二三のことを思い出した。

2019/05/31

本虫雪山

ゲラ。はたしてこの物語を、猫好きさんたちが放っておけるのか!?黙って読んで終わることなんてできやしない。夫婦の少しの親切心と猫への愛が、あれよあれよと彼らを追い込んでいくーー。どんどん大きくなる負担、日常を脅かす悩み。それもこれも、猫がかわいくさえなけりゃ。藤谷さんののらりくらりした語りに、どういう感情で読めばいいのか立ち位置をつかめないまま、泣きたいような怒りたいような、はらはら、そわそわ………そしてついに臨界点を超えて、思わずぶははっと笑ってしまった。猫好きは猫好き作家の書いたものには敵わない。

2019/01/03

雪だるま

ご近所の老夫婦が相次いで入院し、残った老猫を放って置けずに面倒を見る吉岡夫妻。引き取り手も見つからず、誰も助けてくれない。それどころかアパートの大家さんは保健所に連れて行け、放っておけば何日で死ぬだろう?とまで言いだす。理不尽でやり切れない思いをしながらも猫を愛する気持ちが伝わってくる。猫好きさんにオススメの本。

2019/03/11

感想・レビューをもっと見る