読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

死香探偵-生死の狭間で愛は香る (中公文庫 き 40-14)

死香探偵-生死の狭間で愛は香る (中公文庫 き 40-14)

死香探偵-生死の狭間で愛は香る (中公文庫 き 40-14)

作家
喜多喜久
出版社
中央公論新社
発売日
2021-01-20
ISBN
9784122070158
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

死香探偵-生死の狭間で愛は香る (中公文庫 き 40-14) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kei302

シリーズ4作目。ネタが豊富で楽しめるシリーズ。喜多喜久さん、こんなアイディア、よく思いつくよな~、すごいな。 シリーズ読み始めはちょっと胡散臭かったけど、巻を重ねるごとに説得力が出てきた。両親が作ったお米で炊いた、 炊きたての白いご飯を潤平が再び食べられるように風間先生には頑張ってもらうしかない。各章の扉イラストの風間がカワイイ。これも楽しみ。

2021/02/09

イオちゃん

シリーズ第四弾。ホームレス殺人事件、少女誘拐事件、30代男性自殺の裏に潜む真相を、死香から読み解く連作短編集。潤平の身の安全のために風間との同居生活が始まるが、この二人はこのふんわりした関係でずっといたらいいなぁと思う。風間父も新登場。月森の存在も気になりつつ、次巻へ続く…、かな。

2021/02/13

ゆきちん

なんだろう。事件も起こるし、いろんなことがあるんだけど、それよりも風間さんと潤平の距離が気になって。ついに同棲じゃなくて同居してるし、お互いに気遣って大事にし合ってるし、秘境の温泉にご褒美旅行行くし。え?BLじゃないの?って気になって(>_<)。いや、事件を死香で解決する。面白いですよ?食べられない物が増えて気の毒だけど。続きが出たら読みますけど。

2021/02/03

きょん

焦げたパンにドーナッツ、緑茶と今回はそこまで命にかかわるような食品じゃなくて良かった。自分が不利益を被ると分かっていても、犯罪被害者に感情移入して頑張ってしまう潤平君が良い子なんですよね。そして同居、名前呼びに、温泉旅行、真夜中の生存確認と二人の距離感が気になって仕方ない。

2021/02/08

Yuri

ついに同居開始になった風間先生と潤平。『死香』を感じ取り食べられなくなるものが増えていくのですが、今作ではそこまで実生活に不便になってなさそうで、少し安心。良い意味でシリーズ感出て来ている気がします。次作以降も楽しみ。

2021/02/28

感想・レビューをもっと見る