読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

カンブリアII 傀儡の章-警視庁「背理犯罪」捜査係 (中公文庫 か 91-2)

カンブリアII 傀儡の章-警視庁「背理犯罪」捜査係 (中公文庫 か 91-2)

カンブリアII 傀儡の章-警視庁「背理犯罪」捜査係 (中公文庫 か 91-2)

作家
河合莞爾
出版社
中央公論新社
発売日
2021-06-23
ISBN
9784122070776
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

カンブリアII 傀儡の章-警視庁「背理犯罪」捜査係 (中公文庫 か 91-2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nobby

「そんな奴をどうやってパクりゃあいいんだー」そのボヤきが全てを物語る…背理犯罪ゆえ自殺に事故にとみなされた連日の殺人の背景は、実在の人物と重なり過ぎて苦笑するばかり(笑)ようやく事件の本筋固まり「ついに動き出した」253頁からが本作の真骨頂!かめはめ波の使い手あるいはメドゥーサを思わせる死神に対して、その実証方法・拘束手段・自衛術にドキドキ止まらず!組織はたまた国家の判断に複雑な思いを抱きながら、老練刑事の執念が導いた痕跡が感動と感嘆を生むのはお見事!その結果は乞うご期待はズルいけど続編もう待つしかない♬

2021/08/01

ma-bo

背理とは、道理・理論に反すること。所謂常識を超えた能力者が起こした事件を追う捜査係の第2弾。実在のモデルが容易にわかる人物を登場させたり、一部の人間にしか能力者が起こした事件である事を明かせない展開、背理犯罪をどのようにして証明するか等読ませます。残りのページ数で何となく感じていたが、続編に続くん かーい!

2021/08/03

Junichi Yamaguchi

『死神』… シリーズ2作目。 やっぱり、超能力系は好きみたい。 今作に関しては、都知事の描写が気になりしすぎて参った。 次作も能力者との戦い、裁きに期待。。

2021/07/31

マル能…、怖い。今作の女史、モデルの方が読んで問題にならないのか?と心配に思いました、辛辣だわ。次作も楽しみです♪

2021/07/18

遊々亭おさる

東京都知事選の有力な立候補者2名が相次いで命を落とした。ひとりは自殺、もうひとりは大型タンクローリーの運転手による業務上過失致死と結論づけられたが、この事件に殺人の疑いを抱いた「背理犯罪」捜査係による極秘の捜査が継続されて…。背理犯罪とは、超能力を操る者が犯した犯罪のこと。良き方に使えば災害救助のエキスパートにもなれそうなこの能力は、完全犯罪を容易く成し遂げる便利な力ともなり得る。選ばれし者に善と悪の選択を迫るこの能力の魔力に打ち勝てる人間は存在するのか?少年ジャンプ商法に乗せられて続編への興味が高まる。

2021/09/04

感想・レビューをもっと見る