読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

日本美術の歴史

日本美術の歴史

日本美術の歴史

作家
辻惟雄
出版社
東京大学出版会
発売日
2005-12-09
ISBN
9784130820868
amazonで購入する

日本美術の歴史 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

タカユキ

一人で書かれたこの日本美術の歴史は一冊を通して流れるような物語が存在し楽しみながら知れて面白い!この本自体は専門的な研究書ではないが、著者の豊富な知識や経験、他の専門家の方々の協力があってこそ書けた最良の初心者向け入門書だと思います。たくさんの参考文献が紹介されているので詳しく知りたければ、奥へ分け入るための案内もしてある。縄文土器から現代のアニメまで、380枚を超えるカラー図版を見ているだけで楽しい!単純に面白いだけでなく、一冊持っていれば色々参照できて役に立つ。素晴らしい一冊。

2020/05/13

zirou1984

縄文土器から千と千尋の神隠しまで、日本美術の歴史を500ページ内に収めた労作。絵画だけでなく仏像や建築、装具もフルカラーで多数取り上げられてるので、適当にページをめくるだけでも楽しめる。通史としての観点も「かざり」「あそび」「アニミズム」の3点を軸として、時代の風潮がどのように推移していったのかを平易な文で論述してあり、教科書としての堅苦しさは感じさせない。興味深い指摘は多数あるが、中でも江戸時代の浮世絵は美術品としてでなく、都市の情報を伝えるメディアとしての役割があったのだという解説には唸らさせられた。

2013/03/14

ぐっちー

美術の教科書、というには弾けた表紙。日本の美意識がどのように培われてきたのか分かりやすい文章で学べる。

2012/08/07

もなか

レポート参照。近代まで。わかりやすい。

2016/12/19

白義

一人の著者が書いた一冊で眺める日本美術史。縄文土器から建築や装飾にも気を配りながら、現代の宮崎アニメや萩尾漫画まで行く広さが魅力的。個人による数少ない通史であり、その中でも特に信頼性と中身のレベルが高いと思う。カラー図版もたっぷりで見ていて楽しく、新しい出会いが期待できるだろう。速水御舟や伊藤若冲なんてページを開いておっと声をあげてしまった。本当にいろいろな作品があるものだ

2012/05/22

感想・レビューをもっと見る