読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

考える技術としての統計学 生活・ビジネス・投資に生かす (NHKブックス)

考える技術としての統計学 生活・ビジネス・投資に生かす (NHKブックス)

考える技術としての統計学 生活・ビジネス・投資に生かす (NHKブックス)

作家
飯田泰之
出版社
NHK出版
発売日
2007-12-25
ISBN
9784140911013
amazonで購入する

考える技術としての統計学 生活・ビジネス・投資に生かす (NHKブックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さきん

株価や物価の見方から、商品売上げの予測まで、社会人やビジネスマンにとって統計の知識は必須である。しかし統計の醍醐味は、複雑かつ限りある情報を用い、論理的に妥当なアイデアや結論を導き出す点にある。アンケート調査から日本人全体の傾向を把握したり、曜日や天気から明日の居酒屋の来店者数を割り出したりと、統計学の基本的発想を活用し、合理的な意思決定や、精度の高い予測・予想に結びつける技法を示す。注目の若手経済学者による画期的な統計学入門書。

2015/08/30

luther0801

とても分かりやすい本。統計学にはド素人だが、統計学のいろいろな考え方を易しく、実例を用いながら書かれていて、本当に分かりやすかった。鋼板は統計で得られたデータから、全体を予測することが一番大切、という著者の考えから、その手法が紹介されており、自分でやってみたくなってきた。「統計学が最強の学問である」も良かったが、こちらの方がオススメ。

2013/07/11

白義

文系向けの「使う」ための統計学入門。統計学のツールが一通りあっさり解説され、それと経済学を繋げた話もある。飯田本の中では、かなり純粋に論理指南の要素が濃い目で、軽めの教科書にも使える構成になっている。三つの平均や回帰分析の使い方とか、知識と日常の接続も上手な良書。統計学の教科書として、数学っぽさが薄いのも、初心者ならばありかもしれない

2012/02/12

ゆき

飯田さんと経済と統計と興味があったもののコンボでした。 統計が実際の経済のどのあたりと関連しているのかが、比較的わかりやすく表現されていました。

2015/03/24

まさお

統計学を文章で解説した本ということで、読んでみた。 これから、統計学が社会に出てからももっと頻繁に使われていくことになると思うので、初学者の方もおすすめ。

2012/10/05

感想・レビューをもっと見る