読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

そばかすのフィギュア (ハヤカワ文庫 JA ス 1-4)

そばかすのフィギュア (ハヤカワ文庫 JA ス 1-4)

そばかすのフィギュア (ハヤカワ文庫 JA ス 1-4)

作家
菅浩江
出版社
早川書房
発売日
2007-09-21
ISBN
9784150309022
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

新作アニメ「ダグリアンサーガ」キャラコンテストで最優秀賞を受賞した靖子。彼女のもとに送られてきた村娘アーダのフィギュアは、最新テクノロジーで自在に動き、設定に応じた感情まで持っていたが……。少女とフィギュアの優しく切ない交流を描いた星雲賞受賞の表題作他、初期傑作八篇を収録。

そばかすのフィギュア (ハヤカワ文庫 JA ス 1-4) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆかーん

「やさしいSF」という言葉がしっくりくる物語でした。短編集なのでとても読みやすいですが、SFの要素はしっかりとあるので、期待を裏ぎられることはなく読むことができました。20年前に女性の作家さんが書いたとは思えないほどの、多彩な異世界のストーリーに感心させられてばかりです。クローンだったり、機械人形だったり、小人だったりと、次はどんな展開が待ち受けているのか、最後までワクワクしながら読むことができると思います。

2016/01/12

あおでん

特に後半の作品が好き。「お夏 清十郎」は珍しい「和」とSFの融合。SFって色々なモチーフと合うのだと感じられた。最後の「月かげの古謡」も好き。「王たるものがなすべきことは、迅速な、誠意ある訂正なのです」 全体的に切なさの漂う終わり方が多い印象。

2017/01/08

JACK

◎ SF短編集。段々壊れていくロボットと病弱な女性の交流「雨の檻」、情熱が感じられないと酷評される絵描きロボットの「カーマイン・レッド」、クローンとオリジナルの感情のぶつかり合い「セピアの迷彩」、7日しか生きられない、感情を持つフィギュアの物語「そばかすのフィギュア」、死の病に冒された女性ばかりを愛する男を描く「カトレアの真実」、タイムスリップで江戸の歌舞伎を学ぶ「お夏 清十郎」、試験官ベビーの苦悩を描く「ブルーフライト」、財宝を守る妖精の物語「月かげの古謡」。作者の持つ優しさと切なさが素敵。

2014/11/14

七月せら

新しい地球を見つける移民船や絵描きロボット、試験管ベイビー、感情を持つフィギュアに時遡能力。様々なSFが詰め込まれた短編集でありながら、傷ついた心、揺れる心の行く末を優しく丁寧に描いた9つの物語でした。特に心に残ったのは「雨の檻」と「月かげの古謡」。「雨の檻」では雨の描かれ方に、「月かげの古謡」では対話を通して変化していく主人公の心にとても惹かれました。それぞれの短編の要素をミックスした表紙のデザインがとても温かくて大好きです。

2016/11/26

にゃんころ

SFの世界観を持ちながらそれを感じさせないのは、それぞれの主人公の想いを綴った短編だからなんでしょうね。綺麗な文章なのですが、どれも物悲しく締めくくられて、読後感が寂しい。表題作の他、お夏、月かげの3編が良かった。なんとなく、内容を把握した上で再読したいような思いに駆られました。またいつか読み直そう。

2014/05/14

感想・レビューをもっと見る