読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ニッケル・ボーイズ

ニッケル・ボーイズ

ニッケル・ボーイズ

作家
ColsonWhitehead
コルソン・ホワイトヘッド
藤井光
出版社
早川書房
発売日
2020-11-19
ISBN
9784152099785
amazonで購入する Kindle版を購入する

ニッケル・ボーイズ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

2回目のピュリッツァー賞受賞作、コルソン・ホワイトヘッド、2作目です。ニッケルという名の少年院を舞台にした黒人少年たちの物語、米国は本作同様有色人種の迫害・差別を建国以来続けてきたんでしょうね。同賞受賞も納得です。昨日の暴動も含め、世界一のならず者国家の真の姿を見た気がします。バイデン政権で、少しは改善されるのでしょうか? https://ichi.pro/korusonhowaitoheddo-niyoru-nikkerubo-izu-nitsuite-no-kangae-208999369379114

2021/01/08

ずきん

職員による虐待事件が明るみになった、フロリダ州の少年更生施設をモデルにしたもの。夢の大学での講義を目前にしながら、無実の罪でニッケルへ送致されてしまうエルウッド。一方、NYに居を構えてからの後年の話との二軸で物語は展開していく。『地下鉄道』でも感じたが、誤解を恐れずにひと言。むちゃくちゃ面白い。むろん胸糞な話である。だが、打って変わった静かな筆致で、その胸糞をドラマチックに語り尽くす。構成も素晴らしい。ハラハラと読み進め、気がつけば、醜悪と理不尽のど真ん中に立つという、想像を絶する追体験をさせられるのだ。

2021/01/12

ヘラジカ

あまりにも暴力的で不条理な世界、そして紛れもなく現実的な物語。訳者後書きにもあるように「抑制」された筆致によって『地下鉄道』のような分かりやすい凄味は感じられないが、それでも抑えられ燻るようなエネルギー、感情が随所に見られる傑作である。数ヶ月前に読んだばかりのノンフィクション『アメリカン・プリズン』を思い起こす。小説としての完成度は言うに及ばず、怒りが渦巻くアメリカの「今」を考える上でも重要な作品。今年は『フライデー・ブラック』を皮切りに、黒人文学は傑作が数多く邦訳されている。BLM運動は関係ないだろう。

2020/11/20

Odd-i

「俺たちの命なんか5セント(ニッケルが使用されている)以下だからこの名前なんだろ 」1960年代、米国の少年向けの更生施設に無実の罪で収容されてしまったエルウッド。公民権運動に憧れていた少年も、黒人に対する組織立った理不尽な暴力により、瞳の輝きも消えてしまいます。そんな中、彼を嘲笑うかのような態度で接するもう一人の少年と関係を紡ぐのですが……。 淡々とした語り口で炙り出すリアルな現実、絶妙な場面・時間の切り替え、そしてラストの衝撃。260頁ほどの作品ながら、この大きさ、この重さ。只々唸るしかありません。

2021/01/23

信兵衛

本作から感じるのは、こんなことがあってはならない、二度と繰り返させてはならない、という作者の心からの叫びです。

2021/01/29

感想・レビューをもっと見る