読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

拾われた男 上

拾われた男 上

拾われた男 上

作家
松尾 諭
勝田文
出版社
文藝春秋
発売日
2022-06-09
ISBN
9784160901230
amazonで購入する Kindle版を購入する

拾われた男 上 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

bluemoon

松尾論著。 なんの予備知識もなく あえて情報を得ないで読んだ 吸い込まれる文体。 俳優なのか?本人なのか? と、途中から思い始めた 仲野太賀が演じるということだけ わかっていたが エッセイだったのか。 仲野太賀はきっとピッタリだろう。 でてくる俳優仲間も バイト仲間も 決して悪く描いている人がいない。 涙もろい。 良い人なのだろうと思う。 情に脆く人間くさい感じを 仲野太賀は上手に演じるだろう。

2022/07/18

ゆか

所々の文体と、あまりにアホすぎる行動にイラッとしたけど、内容は面白かった!

2022/10/31

みやしん

運と縁。原作は知らないのであくまで本書のみの感想になるが、バイトとタバコミュニケーション(わからない人にはわからない)と免許の三種の神器(?)は男を助ける。恋に仕事に不器用な主人公だけど、単純な欲求に人間臭く正直な昭和~平成的姿勢はある意味羨ましい。親方の人情が染みる。

2022/10/09

ねこくま

勝田さんは挿し絵だと思ってて読むの遅くなりました。誰!? 続きは来月((o(´∀`)o))ワクワク

2022/09/14

感想・レビューをもっと見る