読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ねこぢる大全 上

ねこぢる大全 上

ねこぢる大全 上

作家
ねこぢる
出版社
文藝春秋
発売日
2008-10-29
ISBN
9784163706801
amazonで購入する Kindle版を購入する

ねこぢる大全 上 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さりぃ

#ねこぢる大全 #ねこぢる Kindle Unlimitedで読了。 混沌としていた。 読んでいるだけで目眩が酷くなりそうな😥

2019/03/05

kossy

にゃーことにゃっ太は、誰よりも純粋で、無垢で、残酷だ。「純粋で無垢」だがしかし「残酷」なのではない。「純粋で無垢」だからこそ「残酷」なのだ。読み進めるうち、自分の純粋で無垢な部分に光が当たり、やっぱり自分は間違っていないんだと思わされる。これは、どんな「絶望」を書いた作品よりも「絶望的」に前向きだ。

2009/07/17

多田幾多

残酷なんだが、残酷とは感じられず、不愉快なのだが、不愉快だとは感じられず、不快なのだが、不快だとは感じられず、哀れなのだが、哀れだとは感じられない自分は、それはありふれた日常の事であり、些細な「残酷」だと感じ認めているからだ。

2013/05/22

こっぺ

別に残酷でも何でもない。書かれているのは、ごく普通の生活だと思う。 皆、知らずの内に人を差別したり嘲笑ったり貶めたりして、そうやって自分を励ますことって思ってる以上にあると思う。要は、当たり前に皆、自分が一番かわいいってことで、だからまぁオチとかなくても「ま、いっか。そういうの求めてた訳じゃないし。」てな感じで読めた。

2011/10/08

牧野由依さんのYui Makino Concert~twilight melody~に参加するオジャ

くっそ分厚かったけどあっという間に読了。全体的にグログロしい。とにかく豚野郎に厳しいマンガですね。個人的にはねこぢるうどんとねこぢるだんごがクオリティー高いと思いましたわー。

2015/08/17

感想・レビューをもっと見る