読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

旅する江戸前鮨 「すし匠」中澤圭二の挑戦

旅する江戸前鮨 「すし匠」中澤圭二の挑戦

旅する江戸前鮨 「すし匠」中澤圭二の挑戦

作家
一志治夫
出版社
文藝春秋
発売日
2018-04-12
ISBN
9784163908267
amazonで購入する Kindle版を購入する

旅する江戸前鮨 「すし匠」中澤圭二の挑戦 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

tetsubun1000mg

江戸前鮨職人では有名な方らしい。 東京に居れば収入も評判も高い職人でいられたのに、あえて取れる魚介類の少ないハワイに出店してしかも地元産の食材にこだわるとは。 アメリカでもニューヨークなどの大都市ならまだ分かりますが、これが江戸前鮨職人の魂なのでしょうか。 ただし、自分ではカウンターでおまかせ鮨を食べに行ったことが無いので想像するだけです。 中澤さんの話はノンフィクションとして大変面白いです。 自分では飲み物別で1万5千円から3万円の世界に近づくことはできません。 居酒屋にしておきます。

2019/02/20

へへろ~本舗

鮨って刺身を酢飯に乗せたものだとおもっていたら違った。それは海鮮寿司というものであり本書でいう江戸前鮨は魚に酢や塩、昆布などを使って手当をしてにぎるものだという。知らなかった。そして赤酢を使った赤シャリで握る鮨、これまた知らなかった。安住することなく研究、勉強し常に進化し続けていく素晴らしい

2018/10/20

uchi

中澤さんのワイキキ店の話だけかと思ったが、江戸前鮨全般にわたる話もあって、大変勉強になった。

2019/01/13

ひまの

評価3.5。一人の職人として尊敬する四谷すし匠中澤さんのお話。誰もが驚いたハワイ店開店の話を軸にそれ以外の色々な寿司店の話、さらには日本酒新政酒造のお話など興味深いお話が数々。 今も四谷すし匠は中澤イズムが息づいてて美味しいし、全く素材が劣るハワイであれだけの江戸前鮨を食べさせてくれた感動が本読んでいて蘇ってきた。 早くコロナ終息して寿司屋も行きたいところです。

2020/05/02

こたちゅう

著者の他の本を読んで面白かったので読んでみた。前半が中澤氏の東京での成功まで、後半がハワイ編みたいな構成になっているが、特に後半が面白い。鮨の歴史も一緒に勉強できる、良著だと思う。他の本も読んでみたいが、筆者は寡作なのか、読みたい本はすでに読んでしまっているのが残念なところ。

2019/04/05

感想・レビューをもっと見る