読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

犯罪 コレクションIII (Shuichi Yoshidaコレクション)

犯罪 コレクションIII (Shuichi Yoshidaコレクション)

犯罪 コレクションIII (Shuichi Yoshidaコレクション)

作家
吉田修一
出版社
文藝春秋
発売日
2020-01-16
ISBN
9784163911595
amazonで購入する

犯罪 コレクションIII (Shuichi Yoshidaコレクション) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hiro

犯罪小説集、逃亡小説集に続くシリーズ完結の第三弾がでると聞き、この本がその小説集だと思って図書館で予約したが、届いたのはこの個人全集の『犯罪 コレクション』だった。そのため、『さよなら渓谷』と『悪人』は既読で映画もみていたが、上下2段組の639頁のこの本を手に取ったときは、返却日まで読み終えることができるのかが心配になった。しかし、前半の長短6編を三日で読んでしまうほど、引き込まれてしまい、既読の二作品も、もちろん結末は知っているが、再読であらためて気づいたところもあり、最初の心配はまったくの杞憂だった。

2020/02/11

しーちゃん

自分をレイプした犯人に10年後偶然会ったら…「さよなら渓谷」あんた大切な人はおるね。その人の幸せな様子を思うだけで嬉しくなる、そんな人はおるね…「悪人」吉田作品であまりにも有名な2作を含む9作の犯罪小説集。表とは違う裏の顔。誰でも持っている多面性が窮地に追い込まれた時、その本性が現れる。加害者でも被害者にもなり得る人の怖さ、いつの時代も真っ当に生きることの難しさ。それでも大事な人さえいれば、人間何とかなるのかもしれない。産まれながらの極悪人なんてこの世界にはいない。

2020/03/17

キムチ27

5つの短編、1つの中編と2作が長編。「さよなら・」「悪人」は既読だが再読すると7年前読んだ印象と異なる視点を愉しめた。これでもかと言わんばかりの悪の描写、人間の弱み 翻っての居直厭味。弱い存在のくせに 罪悪感に裏打ちされる虚実のふてぶてしさを炙り出す筆致は凄い。短編はどれも「悪というより若さゆえの」暴走、無謀という感が強かった。「元職員」は題名で損している感じ。なかなかいい仕上がり、タイのソープ事情を濃厚な具象的描写で仕上げている。公社職員のつまみ食いの流れを 薄笑い浮かべつつドラレコで鑑賞している感覚

2020/06/26

ヒデミン@もも

読んだぞー!って叫びたくなるほどの読了感。吉田修一さんって、やっぱりすごいと思わせる。でも、なぜ『ランドマーク』が最初?  その答えは巻末の自伝小説にあった。再読の『さよなら渓谷』は何度読んでも切ない。『元職員』という堅いタイトルに似合わない脂っこい話も良かった。

2020/03/04

テクパパザンビア

面白かった。流石の吉田修一って感じ。『さよなら峡谷』と『悪人』は映像で見たから後回し。元職員とランドマークが良かった。貞操帯、公金横領、下宿、痴漢、韓流、人生色々ですねー。私もタイに行ってミントみたいな娘と楽しみたいなぁ…。

2020/10/28

感想・レビューをもっと見る