読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

吉本興業の約束 エンタメの未来戦略 (文春新書)

吉本興業の約束 エンタメの未来戦略 (文春新書)

吉本興業の約束 エンタメの未来戦略 (文春新書)

作家
大崎洋
坪田信貴
出版社
文藝春秋
発売日
2020-08-20
ISBN
9784166612758
amazonで購入する Kindle版を購入する

吉本興業の約束 エンタメの未来戦略 (文春新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

十川×三(とがわばつぞう)

面白い。▼吉本興業は将来を見据えた社会への貢献の為,非上場化。(株主は目先の利益を重視する為)。様々な挑戦をする吉本は,大崎以前,以後で大きく変わった。日本一,反社と戦って決別した会社。▼大崎「素早くチャレンジして,失敗して,また立て直すだけのこと」▼岩手県紫波町(しわちょう)の「オガール」は興味深い。図書館が中心というのが良い。

2023/01/28

Yasu

闇営業問題に関する吉本側の言い分、大阪含めて地方再生に関するビジョン、反社との壮絶な戦い。吉本や大崎さんについて今までよりも深く知れた。知らなかった事ばかり。ビリギャルの坪田さんが吉本の社外取締役なのも知らなかった。

2021/02/23

まさき|リクルート×副業(Lステップ構築)

吉本のいいところというのは、新しいメディアをどんどんつかみにいってるところ。ネットフリックスやユーチューブなど、「これもやろう」「あれもやろう」「失敗したな。じゃあこっちをやろう」という姿勢があるじゃないですか。上場化しておらず失敗が株価に響かないので、自分たちの資金繰りの中であれば、失敗を恐れずにやれるという強みもある。

2022/08/18

anken99

吉本興業の大崎会長と、「ビリギャル」の坪田さんとの講演会におけるトークが主軸。大崎さんというとダーティーなイメージが一瞬ついてしまったが、本書を読むにあたり、やはりマネージャー業を長くやってきた人だけに、気配りの人であることがよくわかる。で、実は王道でもエリートでもなかったんですよね、この人。やっぱり努力と 何よりも好きであること、そして一生けん命やることに尽きるんだろうな、人生って。

2021/06/24

ぽんこつメーカー営業マン

「自分が出来ないことだから部下に頼む」だから与えられた仕事を「出来ない」とは言うべきでない。 「部下にジェラシーを抱かない」。 分かってはいるけど、難しい。 常にどんな場面でも「正解」求めて動くことが大事だと感じた

2021/01/18

感想・レビューをもっと見る