読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

儲かる古道具屋裏話 (文春文庫PLUS)

儲かる古道具屋裏話 (文春文庫PLUS)

儲かる古道具屋裏話 (文春文庫PLUS)

作家
魚柄仁之助
出版社
文藝春秋
発売日
2001-10
ISBN
9784167660277
amazonで購入する

儲かる古道具屋裏話 (文春文庫PLUS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

オオサキ

売れたモノに対しては、時代がちょっと遡るので、想い出話的な話コトもありますが、「売れないモノ」を「人気賞品」に変えるには?とか、失敗しないで続けていくには等、今でも参考に出来るコトはありそうですね。真剣に、楽しんで働いてる人ってステキです。

2014/01/08

るるぴん

骨董商に憧れて随分前に買った本の再読。メルカリはおろか、ヤフオクも無かったような20年前の著書。今でも通用する経営戦略論と時代を読む目の確かさは、別ジャンルでもスマホ時代でも勉強になる。河間の油売りのような軽妙な語り口で面白くてスイスイ読める。「仕入れて売るというのは、何かを企画して社会に向かって仕掛けてみるということです」「時代を読み取り、次を予測するには歴史を知ることも大切だし、人間行動学も役にたちます」が印象的。何でも学ぶ姿勢しだいということか。

2018/07/26

ちえぞー

古道具屋さんでもただ並べてるだけじゃダメで、ちゃんと時流に合った売り方、センスが必要なんだというのがわかった。お商売とは大変なんだな。

2015/02/20

感想・レビューをもっと見る