読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ハジの多い人生 (文春文庫)

ハジの多い人生 (文春文庫)

ハジの多い人生 (文春文庫)

作家
岡田育
出版社
文藝春秋
発売日
2020-04-08
ISBN
9784167914844
amazonで購入する Kindle版を購入する

ハジの多い人生 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はるき

 恥ではなく端っこのはじ。よく考えれば、中央より周辺の方が広いんですが、何故か少数派扱いなのです。自分に正直な文章が、女性から喝さいと苦笑をもらいそうです。これがリアルですが、男性は苦手だろうなぁ。

2020/04/17

法水

『アトロク』がきっかけでお名前を知った岡田育さんの著書を初読み(解説は宇垣美里さん)。「ハジ」は恥ではなく端。『アルプススタンドのはしの方』の「はし」と同じですな。日常の何でもないようなことをこれだけ言葉数を尽くして書けるというのは一種の芸当と感心してしまうが、とりわけ「欲望という名の満員電車」のパートは感銘を受けた。田舎町に生まれ、小中は徒歩、高校は自転車、大学の最初は2年こそ電車通学だった私と6歳で満員電車で世の大人どもを見てきた著者とではそりゃあ見てきた風景がまるで違うよなぁ。

2020/12/31

ひじき

著者のデビュー作であるエッセイ集。イケてない女子だった時代、女子高、一人暮らし、コンプレックス、趣味のことなどを絶妙な文体で書いている。シニカルなようで熱く、筋が通っていてほどよい水分量(ややドライめが好きなので)。少し歳上の都会住まいの人だと身の回りにこんなことが起こるのか!?とも思ってしまうのだけど、自分がぼんやり生きすぎていたのもあるし、結局あっちはあっちのハジでこっちはこっちのハジなのだな。他人のハジを見るのはそれこそ異世界転生みたいなものかもしれない。片や満員電車の、片や毎日ハイキングの小学生。

2020/11/16

しま

寝る前に読もうと思って購入したのに、寝る前に読むには重すぎた.......胃もたれする.......自分もこじらせてる自覚はあるけれど、まだまだ(?)だなと思った。最後のオリンピックの話読んでて、今のこの状況をどう見ていらっしゃるんだろう

2020/11/15

もか_れる

やっぱり非常事態でも対応できるように自分を強化しておくことで結果周りを助けることにつながると思うとレーシックやっとくべきかも…と関心がむくむく湧いたんだけど、手術の流れを読んだら完全にびびってしまってレーシック受けたい欲が寄せては返した。

2021/03/31

感想・レビューをもっと見る