読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

理系。 (文春文庫)

理系。 (文春文庫)

理系。 (文春文庫)

作家
川村元気
出版社
文藝春秋
発売日
2020-09-02
ISBN
9784167915650
amazonで購入する Kindle版を購入する

理系。 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Junichi Yamaguchi

『一番いい勝ち方は不戦勝』… 理系対談集。 いやぁ、勉強になった。 それでいて、楽しめた。 文系も読んでみたいなぁ。。

2020/11/08

時代

川村元気氏と15人の理系人間との対談。もはや理系というカテゴリーに収まらないトップクリエイター達にただただ脱帽です△

2020/09/19

『理系。』というタイトルに最初は臆してしまったが、理解が難解なところは何一つなく、ただインタビューを受けている側の人々のすごさをひしひしと感じただけだった。ここでインタビューされている方は、偉業を成し遂げたり、成功している人ばかりだが、決して驕らず、学び続ける姿勢を持ち続けていたりと、人間性もしっかりしていた。そして自分の軸があってぶれずに進んでいるからこそ、成功した今があるのかなと感じた。『理系。』というタイトルではあるけれど、理系と文系の融合が大事なのだと教えてもらえた。わたしも理系の勉強をしないと。

2020/10/11

Mark X Japan

最先端の理系分野の第一人者へのインタビューです。文系の著者がインタビューをしていることで,広がりのある内容になっています。専門分野というたこつぼにはまらないことが,大事だと思いますが。☆:4.5

2020/09/17

mai

理系の学校に通う1人として読んでみたけど、自分とは次元が違いすぎた…。ビジネスとか昔の日本のこととかの部分はあんまり理解できてないけど、宇宙飛行士の方の話は読んでて面白かった。未知の宝庫である宇宙の話はやっぱり興味をそそられるなぁ。

2020/10/10

感想・レビューをもっと見る