読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬 (文春文庫 わ 25-1)

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬 (文春文庫 わ 25-1)

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬 (文春文庫 わ 25-1)

作家
若林正恭
出版社
文藝春秋
発売日
2020-10-07
ISBN
9784167915827
amazonで購入する Kindle版を購入する

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬 (文春文庫 わ 25-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

岡本

ハードカバーを買っていて文庫本も買ったのは初めて。文庫本化にあたって「モンゴル」「アイスランド」「文庫あとがき」「解説(DJ松永)」の合計100ページ以上の書き下ろしが付いており、ハードカバーを買った人にもオススメ。「キューバ」編を読むのは2回目だが、どんな旅行記や旅番組よりもキューバに行ってみたくなる文章。読む度に定期的な書籍化を望んでしまう。

2020/12/03

ゼロ

オードリー・若林正恭の旅行記。キューバ、モンゴル、アイスランドの旅行について描かれています。本書は、旅の思い出を語るという役割よりは、「新自由主義とサル山の掟からの脱出」を描いているように感じられました。単行本時は、親父との別れを悲しむ面が強かったのですが、文庫となり、書き下ろしとコロナ後の東京を追加することにより、資本主義の疑問を爆発させているように感じました。日本特有の「世間」と「資本主義」は相容れないものと論じ、大事なものは「血が通った関係と没頭」。メッセージが強くはありますが、読みやすい本でした。

2021/02/13

ふう

テレビの中ではにかんでいる若林さんが、まるで隣にいて話してくれているような旅の本でした。知識や情報だけではわからないもの、そこに行ってそこで暮らす人々とふれあい、そこに吹く風を肌で感じなければわからないものが旅にはあります。そんな旅で、若林さんが自分を見つめ、なぜこの旅に出たのか考え、そして少しだけ探していたものを見つけることができて、わたしもいっしょに旅をし、いっしょに考えることができました。多分それも知識だけの部類に入るのかもしれませんが、旅だけででなく、若林さんの思いにも共感して帰ってきました。

2020/11/03

須戸

旅行記として事前にイメージしていたものとは異なった(特にキューバ編)けれど、世界史や世界地理に疎い(キューバに対する知識はゼロだった)自分にとって、新しい知識を得られる本だったため満足した。日本を含めどのような国でも、メリットとデメリットがあることを実感した。読んでいて楽しかったのは、著者自身が楽しかったのだろうなと思えたモンゴル編。モンゴル編とアイスランド編は単行本版には載っていない(書き下ろしとして追加された章)ので、文庫版で読んで良かったと思う。

2020/11/10

owarai

世の中、流行りのgo toキャンペーン。鬱積した気持ちを晴らすには最高だが、いざ腰を上げようとした途端、何だか雲行きが怪しくなり。代わりに選んだ一冊は、旅物。温いコーヒーでも飲みながら、窓辺に遠い国を想像するのも、中々洒落ているではないか。テレビとは、また違った一面を見せる若林さん。聡明な彼の旅行記を読むと、異文化に触れて楽しく、また、亡き父を思い出す事もできた。旅先で出会った人と、別れ際の「では、また」。再び会えるかわからないけれど「では、また」。その短い一言に込められた思いに、気持ちが温かくなった。

2020/11/21

感想・レビューをもっと見る