読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

清張地獄八景 (文春文庫 み 23-9)

清張地獄八景 (文春文庫 み 23-9)

清張地獄八景 (文春文庫 み 23-9)

作家
みうらじゅん
出版社
文藝春秋
発売日
2021-02-09
ISBN
9784167916480
amazonで購入する Kindle版を購入する

清張地獄八景 (文春文庫 み 23-9) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

goro@80.7

清張愛に溢れた本書。軽く笑わせるような入りから奥に行くにしたがって段々と本性が現れてくるような見事なみうらじゅんの構成でした。苦労の末に手に入れた地位、名誉。調子に乗って愛人まで作った時から「清張地獄」が始まるのだ。本の紹介は勿論だが、TVや映画などの映像作品にも及び読後はどれから観ようかと楽しみ倍増ですよ。やはり岩下志麻vs桃井かおり「疑惑」か倍賞千恵子「霧の旗」か!清張御大の推理物しか読んでこなかったので違う作品も読みたくなった。書き続けた40年間だった。第4章扉の写真が凄すぎる。これが清張御大の姿!

2021/05/12

hatayan

2009年刊行のムックを文庫化。松本清張の作品には、凡人が身の丈に合わないカネや女に欲を出したときに知らずのうちに押す「清張スイッチ」が仕込まれていると編者のみうらじゅんはいいます。ほんの出来心から歯車が狂いだし深い淵に叩きつけられる作風はまさに因果応報を地で行くもの。悪いことをしている姿を清張は常に見張っている。『黒革の手帖』『夜光の階段』『わるいやつら』などの代表的な作品は藤子A不二雄の「笑うセェルスマン」に似ているのではないかと気づきました。松本清張の入門書として親しみをもって読める一冊です。

2021/04/12

bluemint

松本清張はホラーである。真面目に働いてきた小市民が、やっと仕事も家庭も安定して周りからチヤホヤされるようになり、女にもモテるようになってきた。そんな時決まって地獄が口を開けている。ちょっとした出来心のために、努力して築き上げてきた社会的地位が脆くも崩れ去る。これをみうらじゅんは地獄に入る「清張スイッチ」と呼ぶ。前半はm jの清張独自解釈がとてもユニーク。こんな視点で清張を読んだことがなかった。面白い!後半はバラエティに富むが、いかにも文芸誌のファンブックの体裁で、mj らしさはあまり感じられない。

2021/02/22

スリーピージーン

半分しか読めなかった😅。あまりにも盛りだくさんで。さまざまな作家軍の対談も、映像化の裏話も、あれも、これも。みうらさんのまさに『こだわり』が詰まってる。すごい本。←嫌になるほどざっくりな表現だわ😆

2021/04/29

みつひろう

これだけ著名な作家さんなのに、今まで1冊も読んだことがなかった。ただ、今回、松本清張作品に、かなり興味をそそられたことは確か...。

2021/05/08

感想・レビューをもっと見る