読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

淀川八景 (文春文庫 ふ 49-1)

淀川八景 (文春文庫 ふ 49-1)

淀川八景 (文春文庫 ふ 49-1)

作家
藤野恵美
出版社
文藝春秋
発売日
2022-12-06
ISBN
9784167919771
amazonで購入する Kindle版を購入する

淀川八景 (文春文庫 ふ 49-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐島楓

たとえ同じ景色を見ていたとしても、それぞれ過去に受けた傷は違うし、あたりまえだけどいま考えていることもすべてばらばらだ。それを人の営みとしていとおしいと感じられるように、できるだけ許容できるようにと思えるようになれればいいな。そんな気持ちにさせてくれた短篇集だった。

2022/12/13

おいしゃん

人生なかなかままならず、という家庭や生活を、そっと淀川が寄り添う八編。 期待せず読み進めたが、淡々としたタッチが今の自分にはちょうど良かった。 ストーリーに、淀川らしさ、大阪らしさはそこまで強くない分、たとえば都内在住なら多摩川や荒川に置き換えても違和感なく、どんな人にもしっくりくる本だとも言えそうだ。

2023/01/31

こばゆみ

淀川を舞台にした短いお話が8話。どのお話も少し暗めで、でも家族の絆が感じられる話が多くてとても良かった。1話ずつ区切りながらしみじみ読みたい短編集でした。

2023/01/22

てつこ

淀川が舞台の8つのショートストーリー。淀川沿いは散歩やランニングする身近な場所…淀川をとり巻く情景はそのまんま。だからこそ言わせて!!大阪の水脈の川やねんから、哀しみの話しでも水脈に劣らぬオチをつけて欲しかったわ(笑)それくらい実際の淀川沿いの人間(観察)は色んな日常が垣間見え面白いんやから!敢えて淀川じゃなくていいやん?となる。この本を貸してくれたお姉さんも珍しく(笑)同じ意見だった。

2023/01/25

読書家さん#gKP5Xz

いろいろな年代の男女の短編。淀川が毎日穏やかに流れているように、人々も淡々と過ごしているように見えるが、皆大なり小なり事情を抱えているのだなと思った。

2023/01/22

感想・レビューをもっと見る