読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

潮風に流れる歌

潮風に流れる歌

潮風に流れる歌

作家
関口尚
出版社
徳間書店
発売日
2010-02-18
ISBN
9784198629021
amazonで購入する

潮風に流れる歌 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

七色一味

読破。湘南にほど近い、そこそこなレベルの高校の3-A。このクラスにはヒエラルキーが存在し、クラスの裏サイトが存在する。主要な登場人物は楓、リッツ、真悟、そして美玲と凌とあと一人で、それぞれがそれぞれの想いや葛藤を抱えながら、1つ、勇気を示す。それは「自分」を通す勇気だったり、誰かをかばう勇気だったり、間違いを認めて謝罪する勇気だったり──。 作品自体のテーマがテーマなだけに、傷つき、傷つけ合ってしまう、不器用な「若さ」は暗鬱としがち。(続く)

2012/07/12

そのぼん

王道の青春ものでした。 高校生の日々の生活が繊細に描かれていました。『裏サイト』がちょっと不気味でした。

2012/06/16

佳音

リーダー格の美玲に睨まれ、女子から孤立する彼女。美形ゆえ彼女をかばっていた男子グループも自分の意思を貫く彼女の態度に怒り、彼女をイジメ始め・・・。その攻撃はついに裏サイトに書き込まれるまでになった。でも、彼女は揺らがない。 なぜなんだ?周囲を気にしているボクと違って自分を貫く彼女。そんな彼女からボクは目が離せない。そして、ボクは、孤立しても強くいようとする彼女の秘密を知る・・・。

2013/02/13

MOKIZAN

藤沢市鵠沼周辺(お解りにならない方は、江ノ島の西側の海岸淵だと思ってください。カバーは東側海岸になっていますけど)を舞台にした高校生物語。(進学校とのことだがS南高校ではないようだし、鵠女(死語)なわけないな)全般として、湘南のギラギラ太陽より夕陽が似合うトーン。ちょっとキャラクター設定が雑じゃないでしょうか、それぞれの陰陽2面性を表現したかったのでしょうけど。クラス内の善悪や階級が、現場ではなくて、ネット内で確立される現代の気質、恐いなあ。

2017/04/03

takaC

話が出来過ぎているし、皆高校生にしては大人だけど、いいなぁ、青春って。

2010/10/19

感想・レビューをもっと見る