読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

鳩護 (文芸書)

鳩護 (文芸書)

鳩護 (文芸書)

作家
河崎秋子
出版社
徳間書店
発売日
2020-10-16
ISBN
9784198651695
amazonで購入する Kindle版を購入する

鳩護 (文芸書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

なんとか不思議な物語。ひょんなことから、鳩を護る“鳩護”(はともり)になる。それは要するに下僕。夢と現実が交差して、椿もこれじゃストレスを感じるわと思う。ストレス感じてもハト子をしっかり飼うところは優しさと可愛さを感じるけど、ストレスのせいだとは思うけど、舌打ちとか態度に出るのは嫌だな。そんな椿、いつか背を伸ばして前を見ていけば、もう貧乏くじを引かず、幸せに向かう気がする。人と鳩の関わりの歴史を学んだ物語でもある。それから、これ読んだから鳩サブレーを食べたいとは思わないのは間違いないね。【サイン本】

2020/12/21

みっちゃん

河崎さんの新境地か。これまでの骨太で硬質な、土の匂いが立ち上ってくるような文章から様変わり。でもこの主人公を身近に感じられるような柔らかな筆致、読みやすくて私は好きだな。ある日、ベランダに迷いこんできた白い鳩。と同時に謎の男に突然背負わされた「鳩護」という「任務」日常に浸食してくるのは夢か幻か、はたまた妄想か。徐々に姿を現す不穏な存在。ちょっとホラーめいたファンタジー。最後まで謎は謎のまま、なんだけど読後感はすっきり。私的には今まで読んだ河崎作品で一番好きかも。

2020/12/16

おしゃべりメガネ

「三浦綾子文学賞」作家で道産子の河崎さん作品ですが、過去作品とはビックリするくらいに作風が異なり、これまでのあの泥臭い北海道テイストなワイルド作品を期待してると、かなり面食らいます。本当にこれ、河崎さんが書いたのかと最後まで疑問に思いながら読了です。ある日、一羽の白い'鳩'に懐かれた「椿」はアラサーで出版社に勤務しているちょっと変わったOLです。そんな彼女が'鳩'との出会いから、不思議な体験を繰り返す日々が始まります。ファンタジーといえばファンタジーなのかもしれませんが、最後まで何とも不思議な作品でした。

2020/11/27

nico

27歳の椿は突然、鳩を護ることを宿命づけられた"鳩護"になる。今までの河崎さんとは異なる作風に驚いた。過酷な自然とのリアルな闘いの物語に対し今回は…夢とうつつの間をさ迷うファンタジー?けれどそこは河崎さんらしく、動物が直面する厳しい現実を読者に訴えることも忘れない。鳩が家畜の立場にあることにショックを受けた。先輩鳩護から「猫背」と呼ばれる位いつも背中を丸めてつまらなそうにしていた椿も、鳩護の役目を通して鳩のように飛び立てたように思う。鳩は人の意のままにはならない…人と動物との共存について考えさせられた。

2020/11/28

よつば

主人公は都内にある中規模の出版社で働く27歳の小森椿。一人暮らしをしている部屋のベランダに突如舞い込んで来た白い鳩。その鳩にハト子と名前を付け面倒を見始めた椿だが、謎の男から「お前は俺の次の「鳩護」」との宣告を受ける。「鳩護」って何?その宣告は一体?椿と共に自分自身も困惑し、この奇想天外な物語がどこへ向かって行くのか非常に気になりながら読み進める。椿の日常はリアルで共感しまくり。片や椿が見る夢の中の世界は、非現実的でありながらリアルと言う不思議なループに迷い込んでしまう。ファンタジックで摩訶不思議な物語。

2020/10/26

感想・レビューをもっと見る