読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

判決―法廷ミステリー傑作集 (徳間文庫)

判決―法廷ミステリー傑作集 (徳間文庫)

判決―法廷ミステリー傑作集 (徳間文庫)

作家
山前譲
出版社
徳間書店
発売日
0000-00-00
ISBN
9784198931339
amazonで購入する

判決―法廷ミステリー傑作集 (徳間文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

へいっち(ت)♪

私はこういうのが好きだったんだなぁ…。ゲームの「逆転裁判」にもはまっていたし(笑)法廷ミステリーの短編集。短編なので同じ法廷の話でも飽きずに読めて面白かった。

2014/07/22

すたこ

★★★★6作品収録の短編集。横山秀夫だけ既読。他の作家さんは初読み。短編ながら、読み応えのあるものばかりだった。とても読みやすかったし面白かった。読メでの登録が少ないのは何故だろう?

2014/05/30

5〇5

人が裁かれる場である法廷は、実に刺激的な舞台だ ♦審理過程を通じて、事件の真相を追い、人間ドラマが生み出される ♣被告は無罪か有罪か。そして時に冤罪リスクが付きまとう ♥そんな緊張感のある法廷ミステリーを堪能させてくれるのが本作品集だ ♠本書では弁護士や裁判官が主人公だ。同じ司法組織である警察を舞台としたミステリーとは一味違う楽しみ方がここにはある。

2017/05/04

ねずみひろし

いろんな作者の短編集で読みやすい本です。特に最後作品は、そういう秘密があったのか、そういう結末になるのかと、なかなかの傑作でした。いずれの作品も裁判の難しさを知るものでした。

2017/01/15

pei

色々な作者の短編集でどれも面白い。松本清張はさすがに捻りが効いててハッとさせられる。また夏樹静子、土屋隆夫、横山秀夫の作品も面白い。いずれの作品も人を裁くことの難しさを感じさせられる。4

2018/10/03

感想・レビューをもっと見る