読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

サラマンダー殲滅下 (徳間文庫)

サラマンダー殲滅下 (徳間文庫)

サラマンダー殲滅下 (徳間文庫)

作家
梶尾真治
出版社
徳間書店
発売日
2018-12-07
ISBN
9784198944162
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

復讐に燃える神鷹静香は、仲間たちのおかげで、テロ集団「汎銀河聖解放戦線」の秘密本部《サラマンダー》を突き止める。しかし、そこは攻撃困難な灼熱の惑星だった。彼女たちは、新たなテロを計画している汎銀戦に対し、奇抜なアイディアのマトリョーシカ作戦を実行に移す。だが、徐々に静香の身に異変が……。壮大な宇宙を舞台に描かれる愛と冒険の物語。(解説:北上次郎)[傑作SF長篇]

サラマンダー殲滅下 (徳間文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はじめさん

テロリストに息子を殺された財団総帥のサポートもあり、最強チーム結成。テロリストたちとの戦い、じょじょに失われてゆく記憶、散ってゆく仲間たち。殲滅戦の果てに残るものは。 / いやぁ、これはどっかのエージェントが早々にハリウッドに売り込むべきスペースオペラ! 本日12/24は梶尾先生の誕生日。来年の2月には「黄泉がえりagain」も発売されますし、楽しみですね。

2018/12/24

カップラーメンマン

上巻同様、「分かりやすくて濃厚な面白さ」たっぷりのSF。ややネタバレだけど、サラマンダーを始めとした敵組織の秘密が少しずつ明らかになる底知れなさがある一方、分かりやすい「ラスボスとの対決」がある訳ではなかったのが印象的。こないだ読んだ「ニューロマンサー」は、ずーっと分かり難い反面、きっちりラスボスとの対決が用意されていた。

2018/12/23

zero

王道こそ至高。変などんでん返しよりも心に残るラストだった。

2019/02/23

感想・レビューをもっと見る