読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アンフォゲッタブル (徳間文庫)

アンフォゲッタブル (徳間文庫)

アンフォゲッタブル (徳間文庫)

作家
松宮宏
出版社
徳間書店
発売日
2019-04-05
ISBN
9784198944605
amazonで購入する Kindle版を購入する

アンフォゲッタブル (徳間文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

つねじろう

面白かった。理屈抜きに楽しめた。日本のジャズ発祥の地神戸。それも闇市を生立ちにもつディープな元町高架下商店街を舞台に潜水艦造りのマイスターやら若き保険外交員やら半グレ風の若者やら中学生やらホンマもんのヤクザやらホンマもんのジャズプレイヤーやらA Iロボットまで放り込む。其々の違うテーマやリズムが次第に融けあい大きなうねりになる様は正にジャムセッション。朝ドラ的なご都合主義の展開はあったりするけどそれも含めてジャズ。マイルスに始まりスタンダードジャズからクリフォードブラウンまで最高にスイングするお話でした。

2019/05/09

ひろりん

私に馴染みの神戸が舞台の物語。プロミュージシャンを目指す女性、元潜水艦エンジニア、元やくざのフリーターなど、普通なら交わることがないであろう人々が、老舗ジャズクラブの閉店危機を契機に集まり、絆を深めてゆきます。行間からジャズのメロディーが聞こえてきそうな、心温まる話でした。 また私に馴染みのあの場所、あの店や、多分あの店をモデルにしてるだろうなという店などたくさん出てきて、地元民にとっても実感がありました。やはり、神戸にはジャズが似合いますね。

2019/06/20

ハッピーハートの樹

AIは無くても良かったな。まだありえないのに本格SFに比べたら笑ってしまうほど薄くって。鈴木一郎なんて30年前には何者でもない名前だったのに、今はイメージ変わったよね。/相変わらず影響受けやすくてJAZZ聴きたくなってます。カリフォルニアに行きたい!ってレベルには遠いけれど。生で聴きたいね。子供ら小さいからJAZZバーは難しいので。やっぱりJAZZフェスだね。毎年行ってる高槻のJAZZフェスが待ち遠しい。書太郎さんは良かったな。奥さんに先立たれたのは悲しいけれど、老後が楽しいのは誠実に生きてきた証拠です。

2020/01/12

barcarola

読み始め、何故かアンドロイドなど登場してきて「これは失敗か?」とも思ったが、読み進めて行くうちにどんどん良くなってきた。何より印象的なのは書太郎の変化。他にも多くの登場人物が次々と繋がって行く様がなんとも心地よい。そして、もちろんジャズ。私は音楽といえばクラシックなのだが、ちょっとジャズに浮気もしてみたくなったり。

2020/05/09

とみしん tomisin555

神戸元町が舞台のジャズファンタジー、とても楽しく読めた。色んな年齢、様々なポジションの人が登場するのだけど、そんな人達がジャズを媒体にしてつながっていく。そしてもちろん、タイトルチューンを始め名曲が次々登場する。更になんと実在の著名ジャズプレーヤーが登場して、きっちりストーリーにからんでいく。こんな小説はなかなかない。しかもそれが自然で違和感がない。前半のジャムセッションの場面の高揚感はとんでもなくて、もうひとつピーター・アースキンが演奏するシーンも大興奮だった。だけど、JAMZはモデルの店があるのかな。

2019/04/07

感想・レビューをもっと見る