読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ちひろさん 9 (A.L.C.DX)

ちひろさん 9 (A.L.C.DX)

ちひろさん 9 (A.L.C.DX)

作家
安田弘之
出版社
秋田書店
発売日
2018-12-14
ISBN
9784253159791
amazonで購入する Kindle版を購入する

ちひろさん 9 (A.L.C.DX) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぽぽ

またちひろさんに会いたい。

2019/04/25

前の巻あたりからそろそろと思っていたけれど、何気ないいつものような話が繰り広げられて、ちょっと安堵。でも、さり気なく精算は始まっていて。見開きの花見でふと感じ、イガグリ坊主のダメかあちゃんと宴会するところで確信。見開きの水族館で駄目押しがある。滴が落ちるようにちひろさんは消えて波紋が残る、ひっそりとした良い幕切れに。寂しいけどなあ。

2018/12/17

だい

ちひろさん… どうしてこんなに言葉に出来ない感情を置いていってしまうんだろう、この人は…。

2018/12/17

gongxia

マコトの成長、ちひろさんと同じ気持ちで感じた。 お母さんに感情を見せるちひろさん、はじめてこんなちひろさんをみたけどやっぱりちひろさんはちひろさんだった。 心の奥底をじっと見つめられて、傍へ来てくれるけど、その横をするりとすり抜けていってしまう。やっぱりいつまでも背中を見つめ続けてしまう。

2019/01/24

かえる

第1部終了。愚痴も弱音も全部が悪いんじゃない。言う人次第で汚くもきれいにもなる。愚痴ったっていいし、助けてって言ったっていいんだよ。「土管の話」がグッときた。また、ちひろさんに会いたいね。

2019/02/06

感想・レビューをもっと見る