読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

クジラの子らは砂上に歌う(14) (ボニータ・コミックス)

クジラの子らは砂上に歌う(14) (ボニータ・コミックス)

クジラの子らは砂上に歌う(14) (ボニータ・コミックス)

作家
梅田阿比
出版社
秋田書店
発売日
2019-03-14
ISBN
9784253263849
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

リコスとオウニはオルカ軍に捕まってしまった。他の住人を守るため、二人を見捨ててこのまま新天地へ向かうと宣言したスオウ。チャクロは猛反対するが、首長の決断は覆らず…!?

クジラの子らは砂上に歌う(14) (ボニータ・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

レリナ

今回はオルカの目的が明らかになり、何故泥クジラを襲うのかが今回明るみに出た。オウニとリコスを救出すべくオルカの船に忍び込むチャクロ達。泥クジラ襲撃を防ぐために、オルカと対話するチャクロ達だが、戦いは避けられない気がする。今回話が進んだので、面白かった。チャクロ達の運命は如何に。オルカとの対話が上手くいく保証はどこにもないが、また虐殺が起こることになると、止めたいチャクロ達との間で、またぶつかり合いが起こりそうだ。帝国をも裏切ったオルカをなんとかしなければ、泥クジラの民に平穏はない。次巻に期待。

2019/03/17

感想・レビューをもっと見る