読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

対訳 21世紀に生きる君たちへ【新版】

対訳 21世紀に生きる君たちへ【新版】

対訳 21世紀に生きる君たちへ【新版】

作家
司馬遼太郎
ドナルド・キーン
ロバート・ミンツァー
出版社
朝日出版社
発売日
2018-03-01
ISBN
9784255010441
amazonで購入する

対訳 21世紀に生きる君たちへ【新版】 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

如水

私事ですが、ある3姉妹の末っ子に『おじちゃんの本棚ってこの人の本だけ綺麗に並んでるよね?何故?面白いの?読んで』って言われたので読んだ一節?…多分分からないだろう、いいよ、分からなくても。もう少し大きくなってからじっくり何度も読んでみて、と思った本?英訳と日本文が両方載ってます。因みに読んだのが『二十一世紀に生きる君たちへ』。読まれてない方はこの一節だけでも良いから、立読みでも構いませんので読んで見て下さい?本屋に行っても無いなら【司馬遼太郎が考えたこと14】を探して見て下さい。短文でも名文です?

2018/11/02

鉄骨構造

 繰り返し読んでいるが、やはり一つ一つの言葉が心に沁み入ってくる。「私の人生は、すでに持ち時間が少ない。例えば、21世紀というものを見ることができないにちがいない。君たちは、ちがう。21世紀をたっぷり見ることができるばかりか、そのかがやかしいにない手でもある。」というところは、読んでいて胸が苦しくなる。この令和という新時代の訪れを、先生自身も見たかったであろうに。先生の云う“たのもしい君たち”になれるよう、明日からまた頑張ろうと思う!!

2019/05/05

アポトキシン

まず一言、素晴らしい!!司馬遼太郎が21世紀を生きる我々に伝えた遺言書とも言うべきもので、ページ数は少ないながらも中身の濃い本である。司馬さんが伝えたかった「緒方洪庵」という人物を、私は恥ずかしながら名前くらいしか知らなかったが、医者である洪庵は決して私利私欲に走らず、世のため人のために人生を全うした人物である。洪庵は弟子の福沢諭吉や大村益次郎などに、自分の教えを説き、その情熱はたいまつの火の如く、脈々と受け継がれてゆくわけである。是非ともおすすめしたい一冊です!

2019/06/25

けん

【★★★☆☆】「自己を確立せよ」「自分に厳しく、相手にはやさしく」「いたわり」それを訓練し自己が確立される。そしてたのもしい君たちになる。

2019/04/29

tobihaze

21世紀を生きる人たちへのメッセージとして、日本に限らず、アフリカの村にもニューヨークの街にも通用するような、普遍的に大切なことにぎゅ~と絞って書かれています。21世紀に入って、SGDsなどの世界的な取り組みとして、行き過ぎた自然破壊に対処しよう、とか、誰も置いていかないように、とか、本当に、司馬遼太郎さんが大切だと見通したことが、世界的にも大切だと認識される世界になりつつあるのかなと思います。子どもにも大人にも読んでほしい。日英対訳で、両方を読むと、また深み・重みが増す気がします。

2019/06/21

感想・レビューをもっと見る