読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

がんばらない料理 続けられるから、からだもうれしい。

がんばらない料理 続けられるから、からだもうれしい。

がんばらない料理 続けられるから、からだもうれしい。

作家
たなかれいこ
出版社
家の光協会
発売日
2019-11-15
ISBN
9784259566333
amazonで購入する

がんばらない料理 続けられるから、からだもうれしい。 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よこたん

“塩は料理に必要不可欠な調味料ですが、単に味付けという以上の意味が、私たちの体と心に影響しています。” 太古の海と同じ塩分濃度って言われても、そんなん知らんけど(笑) 暑い寒い、疲れ具合で、体が欲するままに摂取できる人が羨ましいなぁ。炒める、煮る、焼く、蒸す、どれにもフタが大事。旬の野菜の旨味をじわ〜っと引き出し、シンプルな調味で仕上げる。鰹節パウダー(細かく揉んだもの)でめんつゆいらず。ただ、載っている料理がことごとく地味。肉は、魚は、どこ? 野菜だけではどうも力が出ない私には、ちょっとストイックかな。

2020/06/10

りょう

うん、うん、今の料理は複雑になりすぎ。普通に季節の野菜を蒸したりゆでたりして食べれば十分おいしいのに。あれこれ、手をかけすぎや。

2020/02/02

ぽけっとももんが

旬の野菜を蒸し、できるだけ基本に忠実な調味料でそれぞれの体が欲するように調味する。おいしそうだけれども、わたしは肉や揚げ物も食べたいぞ。これからの季節は、大根や白菜など和食にあう野菜がでてくるので、蒸し煮の出番も増えそうだ。クッキングペーパーで包んで、一つ鍋で別のものを蒸すというのは便利かも。

2020/09/12

パプリカ

調味料は参考になりました。日々の食事日記は私はあまり作りたいと思うレシピがなくて残念でした。

2020/01/19

kurumi

いいなあ。基本蒸し焼き。老化の原因物質AGEを増やさないのは茹でるか蒸す。理にかなってる。そうすると自然とこういう調理法をしてました。これでいいのね。調味は後で。気に入りました。

2019/12/08

感想・レビューをもっと見る