読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

お笑いえほん (4) マイク・デービス

お笑いえほん (4) マイク・デービス

お笑いえほん (4) マイク・デービス

作家
サンドウィッチマン
倉本美津留
杉﨑 貴史
出版社
岩崎書店
発売日
2018-11-10
ISBN
9784265079841
amazonで購入する

ジャンル

「お笑いえほん (4) マイク・デービス」のおすすめレビュー

サンドウィッチマンのネタ「ファミレス」が絵本に! 新感覚コントを楽しむ『マイク・デービス』

『マイク・デービス』 (サンドウィッチマン:著、倉本美津留:編、杉﨑貴史:イラスト/岩崎書店)

 金髪のヅラをかぶった富澤が、片言の日本語でボケまくる。そしてその小ボケに店員役の伊達が突っ込み続ける。サンドウィッチマンの代表作でもある「ファミレス」ネタが、なんとこの度「絵本」になった。

 芸人のコントが絵本になるって、どういうこと? と絵本『マイク・デービス』を開いてみたら、最初の見開きがこれである。

 一度でもサンドウィッチマンのこのネタを見たことがある人なら、店長の「そのままだな。そいつともだちか」が完全に伊達の声で再生されるのではないか。ポップで可愛い絵柄にまず度肝を抜かれたあと、ネタの再現度の高さにまた驚くのだ。

 ネタを忠実になぞりながら、それでいてイラストだからこそより伝わる部分もある。2人の小気味のいい掛け合いで笑っていた「まつり」の部分は、こんなに大きなコマで大真面目にやるのだから、余計に笑ってしまう。言葉の面白さに加えて、絵のインパクトはすごいのだと再認識する。

 まさかこの場面が見開きで大々的に描かれると、誰が思っただろう。祭り…

2018/11/10

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

お笑いえほん (4) マイク・デービス / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆのん

芸人のサンドウィッチマンさんのネタが絵本に。かなり笑える内容。カレーを食べる日にはお勧め出来ないけど…。読み聞かせしたら楽しそう。

2018/11/12

カナ

サンドウィッチマン好きなので、本屋さんで見かけて即買いしてしまった。コントとかってこういった言い間違いとか勘違いとかを題材にして作ってくのかな…と思いながら楽しく読みました。大勢の読み聞かせだとちょっと難しいかな…。とりあえずお笑い好きの我が子に読んであげようっと。

2019/02/08

カナ

3年生のクラスで読みきかせ。みんなもサンドウィッチマン大好きだっていうので、読みやすかった。そして、みんなどハマりしてゲラゲラ笑いながらよく聴いてくれた…んだけど、アンコールを受け、全三回読んだ。大勢の読み聞かせには難しいかな…と思っていたけど、また読み聞かせに使おう。

2019/02/26

片腕の雨巫女。

《本屋》外国人のマイクのいい間違いや聞き間違いで、おきる出来事がなかなか面白い。さすが、サンドイッチマン!

2018/11/21

せっかちーぬ

サンド好きな為、絵本も購入してしまった。サンドウィッチマンの言葉遊びが絶妙。実際のコントの方がそりゃ面白いけど、これを自分の表現方法で読み聞かせできたら、また楽しいだろう。

2019/01/20

感想・レビューをもっと見る