読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

環境問題の噓 令和版 (MdN新書)

環境問題の噓 令和版 (MdN新書)

環境問題の噓 令和版 (MdN新書)

作家
池田清彦
出版社
エムディエヌコーポレーション
発売日
2020-10-06
ISBN
9784295200352
amazonで購入する Kindle版を購入する

環境問題の噓 令和版 (MdN新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

trazom

令和版とあるが、(新型コロナを除き)従来の先生の主張の繰返しが多く新鮮味がない。いつまでダイオキシンや環境ホルモンの恨みに拘るのか! 地球温暖化に対しては、私自身、昔は池田先生の批判に共感していたが、IPCCの第5次報告書(2013年)から考えを改めた。第4次に較べて圧倒的に科学的知見が深まり、もはや懐疑論を差しはさむ段階ではないと感じている。構造主義生物学者として、また哲学者(「生命の形式:同一性と時間」は名著!)として尊敬する池田先生が、ジャーナリズムに利用されているような感じがする出版で、悲しい。

2020/12/21

kubottar

環境問題は時代時代において流行りがあり、今は二酸化炭素削減が錦の旗になっているという説明はわかりやすい。昔、オゾン層を破壊すると言われたフロンガスが禁止されましたが、今それは関係がないことがわかったけど、それに関する仕事はなくなっておらず、利権と化しているという話を聞いて、環境問題も結局はビジネスでしかないと残念な思いが膨らみました。

2021/02/15

紙狸

2020年10月刊行。新型コロナ流行を踏まえ旧版をリニューアルした。世の中で優勢な意見に異議を唱える。個人的に一番興味深いのは「地球温暖化」を巡る論。▽地球は温暖化している▽その主因は人為的なCO2の増加だ▽温暖化をくいとめるためCO2排出を削減せねばならないーという、一般に流布した説に反駁する。著者が強調するのはデータに基づいて考えよう、ということで、この点は同意できる。少数派の科学者の意見がキチンと紹介されて、多数派と議論して、科学に多少の素養がある国民が判断できればいいのだが。現状は違うな。

2021/02/20

乱読家 護る会支持!

環境問題は、その問題によってビジネスが生まれるなど「得をするプレイヤー」が存在する場合に生まれるようです。 例えば、地球温暖化問題は、科学的な仮説に過ぎないのにもかかわらず、エコを訴えることて儲かるプレイヤー(自然エネルギーや省エネ機器関連など)の存在が環境問題を継続させています。 我々は、国民の不安を煽りビジネスにつなげる人達、「善意の面」「科学の面」を被った人達に騙されて続けているようです。 あと僕は、SDGsは、ずっと胡散臭いと思っているのですが、、、皆さん、どう思われますか?

2021/01/02

Iwata Kentaro

献本御礼。特に突き刺さったのはゴミ問題と食糧問題。事実と誠実に向き合えるか、「政治化」するか。いつも大事な姿勢の問題。

2020/11/21

感想・レビューをもっと見る