読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

12歳の少女が見つけたお金のしくみ

12歳の少女が見つけたお金のしくみ

12歳の少女が見つけたお金のしくみ

作家
泉 美智子
佐和隆光
水元 さきの
モドロカ
出版社
宝島社
発売日
2020-05-27
ISBN
9784299005052
amazonで購入する

12歳の少女が見つけたお金のしくみ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いお

小学6年生の子が夏休みの自由研究で書いた「モノの値段を考える」というレポートを基にした経済の本。かわいい絵のストーリー仕立ての部分もあり、非常に読みやすく、説明の部分も分かりやすい。需要と供給、値段の決まり方、インフレとデフレ、教科書では小難しいワードが実に自然に理解できる。ビックマックの値段が国によってちがったり、それを1個買うのに必要な労働時間がまた国によって違ったりと、面白かった。小学生ならではの視点、時間の値段や命の値段の話もあり、楽しく読めて賢くなる本だった。

2020/07/17

うー

【夏休み子どものためのお金セミナー】に参加し自由研究として『モノの値段を考える』というレポートを書いた小6の女の子。それを原案に、この本が完成したという。"景色、空気、水の値段""家事労働の値段"など身近で見過ごしそうなモノにしっかり着目。原案自体がイラスト豊富でとにかくわかりやすい。難しそうな『経済学』。調べあげることは楽しいこと。と、ぎっしり書かれたレポートが語っている。

2020/07/09

こばゆみ

実際に小学6年生が書いたレポートを基にしているのでとても分かりやすい。経済について深く知る本ではないけれど、入門編、興味を持つきっかけとして良いのでは?と思う。ただこの原案を作った少女が、今は建築方面の仕事をしていることがまた良いなと思った。

2020/09/26

Nさん

小6女子の自由研究「お金のしくみ」を大人が編集した一冊。「お金のしくみ」に関する研究に、下手に「経済学」の知識を混ぜようとすることで、巷に溢れる「お金学=経済学」の類書と変わらない内容になってしまっている。もっと小学生の素朴な疑問を深堀りするような内容であったなら、面白かったかもしれない。例えば「豊作貧乏」の話も、品質に劣ることもなく美味しい野菜が、生産量調整で廃棄されることへの疑問や、「家事労働」を市場価格で評価する。でも、現実はシャドウワークであり続け、軽んじられていることへの考察などがあれば・・。

2020/09/17

感想・レビューをもっと見る