読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マクロ経済学の核心 (光文社新書)

マクロ経済学の核心 (光文社新書)

マクロ経済学の核心 (光文社新書)

作家
飯田泰之
出版社
光文社
発売日
2017-06-15
ISBN
9784334039837
amazonで購入する Kindle版を購入する

マクロ経済学の核心 (光文社新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かず

マクロの景気浮揚効果を重視する場合には、人材不足が起きやすい産業、地域を避けるべき。名目金利から予想インフレ率を差し引いた予想実質金利が投資に関する意思決定を左右する。したがって低金利状態で企業の投資を刺激するためには予想インフレ率を上昇させる必要がある。

2018/08/11

hill.384

「マクロの核心(コア)を解説する~」とあるものの、いざ読み始めてみれば、GDP統計から新古典派ほかお決まりの各モデルの解説がスタートし、そのまま終わってしまった… 経済情勢ではなくマクロ経済学の本として書かれているが、知識の整理の為のテキストとして使うには寸足らずすぎ、大学1回生のような初学者が読んだとしても、この内容では説明が足らなすぎるんじゃあないだろうか。新書媒体の限界かと。時事的なコラムはまあ楽しめたのが救いだろうか。

2017/07/01

System0519

3.4◼︎今の経済状況(ポストアベノミクス)が日本人の性に合ってるんだろうな、とは感じる。

2019/11/26

しゅー

★★★『図解ゼロからわかる経済政策』に続き、著者のマクロ経済学の本を読む。光文社新書は編集者があまり口を出さないのか、時々、新書のメリットを感じられないほど、内容詰め込み過ぎで読みづらい本がある。本書も、著者に好きに書かせた感じで、ほぼ普通の教科書だ。ただ、私にとって興味がある分野だったので、興味深く読む。一見、取っつきにくいのだが、個々の理論と理論の間のつながりが見通し良く解説され、かつ我々が引っ掛かりがちな部分を先回りして答えを用意してくれている。例えが適切なのも分かりやすい。手元に置いて再読したい。

2020/02/11

Chiharu

とてもよいマクロ経済学の本だと思います。私自身が完璧に理解できるまで何度も読み返すべき一冊。少しでも経済学を学んだ方には非常にわかりやすいのではないでしょうか。もちろん、これから学ぶ方には入門書として、マクロ経済学がどのようなものなのか、よくわかると思います。政治家、経済学者、エコノミスト、新聞など理解していない人たちの誤った解説、嘘、ポジショントークに惑わされないためにも、経済学を学んでいない政治・経済に興味がある方は一度は読んでみてはいかがでしょうか。途中のコラムもおもしろい。

2019/11/23

感想・レビューをもっと見る