KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

女神のサラダ (光文社文庫 た 51-2)

女神のサラダ (光文社文庫 た 51-2)

女神のサラダ (光文社文庫 た 51-2)

作家
瀧羽麻子
出版社
光文社
発売日
2024-05-14
ISBN
9784334103132
amazonで購入する Kindle版を購入する

女神のサラダ (光文社文庫 た 51-2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ずーっと文庫化を待ってた作品でした。ようやく読めた。[読むサラダ]というだけあって、しゃきしゃきの読み応えでした。とても面白かったです。様々な土地での農業を舞台にした短編集。どの話も野菜を育てる人々の暖かさがこもっていて、美味しい野菜は素晴らしい人々から作られているというのを字で言っているようでした。一つのお皿に沢山の人々の愛情と親愛が並ぶのですね。心に栄養染み渡りました。 どの話がよかったって、本当に全部良かったです。 大好きな短編集になりました。

2024/05/23

うさぎや

農業に携わる女性たちを描く短編集。ほっこりしたり励まされたり。「茄子と珈琲」「アスパラガスの花束」「オリーブの木の下で」が特にいい。

2024/05/21

M Y

読後心が晴れやかになる瀧羽作品です。どの短編もホロリときました。

2024/05/25

感想・レビューをもっと見る