読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天鳴地動: アルスラーン戦記14 (光文社文庫)

天鳴地動: アルスラーン戦記14 (光文社文庫)

天鳴地動: アルスラーン戦記14 (光文社文庫)

作家
田中芳樹
出版社
光文社
発売日
2018-07-11
ISBN
9784334776848
amazonで購入する

天鳴地動: アルスラーン戦記14 (光文社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Tetchy

物語の常として、いや過去の歴史が証明するように安泰が続く国などは存在しない。アルスラーンほどの人物が国を治めてもその安定は不条理に壊されてしまうのだ。折角築き上げた安泰が今から人智を超えた存在によって踏みにじられようとしているのがこの物語の行く末だ。まだまだ色々な謎の種が散りばめられ、読者の予断を許さないが、幸いにしてシリーズは完結しているからもう何年も待たされることはない。従ってこの長い助走も大団円に向けての仕込みであり、メインディッシュが極上の物であることを期待して、根気強く待つことにしよう。

2019/05/21

終幕に向けてカウントダウンするかのように、アルスラーンの治世を支える人たちが、あまりにも呆気なく、そして容赦なく奪われて行く…そしてきっとこの流れはここで止まらないんでしょうね…もうため息しか出てこないです。この先はただ喪失感に耐えるのみ。

2020/01/10

meow3

「皆殺しの田中」再び!

2018/09/07

tellme0112

さすが田中芳樹。投げやりで読んでたけど蛇王復活から面白く引き込まれた。そしてヒルメス…。またしても不遇な男。彼は一生幸せになれない気がしてきた。

2018/09/06

河内 タッキー

ある人物は、これは遂に討たれるか?という際どい状況に陥っても、紙一重で危機を脱する一方、こんなに呆気なく?倒れていく人物もいる。ここまで綿密にキャラクターを育て上げ、最期は好きなように料理する。作者の特権。爽快な場面は、パルス人ではないイルテリシュは蛇王に全く臆することがない。蛇王の肩から生えた蛇を、何の躊躇もなく切り捨てる。悲しい場面は、ヒルメスがまたもやあと一歩のところでチャンスを逃し、全てを失う。それでもまた再起をはかるその執念。意地?

2020/10/06

感想・レビューをもっと見る