読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

黄昏の決闘 若鷹武芸帖 (光文社文庫)

黄昏の決闘 若鷹武芸帖 (光文社文庫)

黄昏の決闘 若鷹武芸帖 (光文社文庫)

作家
岡本さとる
出版社
光文社
発売日
2020-06-10
ISBN
9784334790486
amazonで購入する Kindle版を購入する

黄昏の決闘 若鷹武芸帖 (光文社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

やま

若鷹武芸帖6作目 2020.06発行。字の大きさは…中。 鏡心明智流の新宮鷹之介は「滅びゆく武芸流派を調べよ」との主命を受け公儀武芸帖編纂所・頭取を務める。編纂方には、柳生新陰流の水軒三右衛門、円明流の松岡大八がいます。 此度、辻斬りが使った見事な抜刀術に新宮鷹之介は魅せられて、抜刀術を調べる事となります。その過程で、羽州船津家の御家騒動に係わって行く…。 編纂所を開いて二年になる新宮鷹之介の成長が著しいです。自分には厳しいが、他者に対しては、寛容と笑顔が良いです。いい男なんだが、女性と縁が無いのが…。

2020/08/18

ドナルド@灯れ松明の火

6冊目は居合だ。江戸で抜く手も見せず辻切りが起きた。捜査が難航していると火盗改めからの情報で武芸帖編纂所のメンバが動き始めた。親子の確執、藩内部の極秘もみ消し工作の中で見事居合に関する記述がなったのであった。 お薦め

2020/09/03

ekoeko

滅びゆく武術を追う公儀武芸帖編纂所頭取の新宮鷹之介シリーズ6巻。新刊を楽しみにしていたけど人をとろけさせる笑顔の鷹之介は健在だが今回は何となく溌溂さが感じられなかった。鷹之介の縁談に関して周囲が気にしすぎなのでは。

2020/07/25

犀門

No.123★★★★☆練達の老剣士、良かったです。

2020/10/07

onakagayowayowa

もちっと、早く続きを出してくれないと、前回の終わりが思い出せないのよ。 でも、面白かった。 頭取は結婚しない方が、面白いと思う。

感想・レビューをもっと見る