読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

光まで5分

光まで5分

光まで5分

作家
桜木紫乃
出版社
光文社
発売日
2018-12-13
ISBN
9784334912550
amazonで購入する Kindle版を購入する

光まで5分 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

桜木 紫乃は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。著者の作品の舞台の定番の北海道から、真逆の沖縄の場末の『竜宮城』での群像劇、著者の世界観は南の島でも変わりません。誰もが(猫も)死に場所を求めて流れて来るのでしょうか?タイトルも好いです。

2019/03/02

いつでも母さん

「流された先にあるものをしっかり見なさい。全部受け入れて、すべてを赦してやんなさい」おばあのことばが痛い。北から南へ流れてどんつきで生きるツキヨ。多分どんつきは自分の心ン中にあるのだろうね。まあ、凍死しないだけ南の方がいいか・・どんより桜木さん、どこにも救いの無い話で200弱のページが重かったよ。光まで5分、そこはどこ?

2019/01/14

ナイスネイチャ

図書館本。舞台は北海道ではなく沖縄だが重苦しい閉塞感は変わらず。光りを求めて流されながらも生きていく。光りの速さではなく自分の歩幅で。でも死に場所を求めてた?のかもって思うと悲しい物語。

2019/03/04

おしゃべりメガネ

桜木さんらしいといえばらしい作品です。しかし、今作はちょっと中途半端感があったかなと。北海道出身の作者さんがこれまで何度も舞台にしてきた北海道ではなく、沖縄を書くというコトに最後までハマらなかったのかもしれません。桜木さんお得意?の陰鬱な感じは健在で、適度なエロスもあるのですが、話の焦点がイマイチわからず、終わってしまったかなと。桜木さんの作品(作風)に慣れている方は問題ないと思いますが、はじめて本作で桜木さんにチャレンジする方はちょっと抵抗があるかもしれません。桜木さんらしさは十分に伝わる作品でした。

2019/02/25

ウッディ

おとぎ話のような小説だった。それも得体の知らない人達が登場するグロテスクな現代の寓話と言うべきか。沖縄の繁華街の路地裏で身体を売って暮らすツキヨはある日歯の痛みに耐えられず、ヤミ歯科医の万次郎と彼の元で暮らすヒロキと出会う。人生の終着地である光まであと5分という場所を近く感じるのか、遠いと感じるのか。人間の恥部をさらけ出す桜木さんの筆致は北国を舞台にする時、乾いた物悲しさを湛えるが、蒸し暑い南国を舞台にしたこの物語では不快感が勝ってしまったような気がした。イマイチでした。

2019/04/07

感想・レビューをもっと見る