読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

桜木紫乃

職業・肩書き
作家
ふりがな
さくらぎ・しの

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1965年、北海道生まれ。2002年「雪虫」でオール讀物新人賞を受賞して作家デビュー。釧新郷土芸術賞(12年)、『ラブレス』で、島清恋愛文学賞(13年)受賞。13年『ホテルローヤル』で直木賞受賞。ほかの著書に『起終点駅(ターミナル)』『蛇行する月』『無垢の領域』『星々たち』『ブルース』など。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

2002年
『雪虫』第82回オール読物新人賞
2013年
『ラブレス』第19回島清恋愛文学賞
2013年
『ホテルローヤル』第149回直木賞

「桜木紫乃」のおすすめ記事・レビュー

元夫からの僅かな慰謝料とビストロ勤務の収入で細々と暮らす女――あの直木賞作家が覚悟した「一度しか書けない話」とは?

元夫からの僅かな慰謝料とビストロ勤務の収入で細々と暮らす女――あの直木賞作家が覚悟した「一度しか書けない話」とは?

書けても恥、書けなくても恥――。作家デビュー10周年を迎えるにあたり、桜木さんが選んだのは「作家へと化けてゆく女性」が主人公の物語。一人の強烈な女性編集者との出会いによって、小説への欲に目覚め、無数に傷つき、血を流しながらも、母ミオが墓場まで持っていった秘密、さらには母の人生そのものを書くことに向き合っていく主人公・令央。その物語は、読み進むほどに、これは桜木さん自身の話ではないのかと錯覚してしまうほど。そして、それこそが、この『砂上』で桜木さんが覚悟したことなのだという。

桜木紫乃 さくらぎ・しの●1965年北海道生まれ。2002年「雪虫」でオール讀物新人賞受賞。07年『氷平線』で単行本デビュー。13年『ラブレス』で島清恋愛文学賞。『ホテルローヤル』で直木三十五賞受賞。『ワン・モア』『氷の轍』『裸の華』『霧(ウラル)』『それを愛とは呼ばず』『起終点駅(ターミナル)』『ブルース』『蛇行する月』等著書多数。   「『ワン・モア』という作品が終わってから、ずっと担当さんと温めていたんです。ただ、最終的にさあ書こうとなったとき、〝これは実…

全文を読む

桜木紫乃『ワン・モア』の番外編が読める! 書き下ろし新作を無料公開

桜木紫乃『ワン・モア』の番外編が読める! 書き下ろし新作を無料公開

とある広場で“あの人”と

今月の“あの人”は…『ワン・モア』の 柿崎美和 『ワン・モア』 桜木紫乃/角川文庫 患者の孫娘から切望されての処置だったはずの安楽死。柿崎美和はスキャンダルの禊のために加良古路島にやってきた。人間不信に陥っていた彼女はいつしか漁師の昴と身体を重ねるようになる。オリンピック予選の大舞台でドーピング検査にひっかかり、姿を消した天才スイマー。昴もそうした苦い過去を背負っていた。寄る辺ない日常を送る彼女のもとに、高校時代からの友人・滝澤鈴音から連絡が入る。「うちの病院を頼みたいの」。余命宣告を受けていた彼女の「そのとき」はいよいよ近づいているようだ。──「十六夜」。本作「ワン・モア・ステップ」で描かれるのはこの7年後。鈴音から病院を託された美和はどんな日々を生きているのか。

『ワン・モア』番外編 ワン・モア・ステップ【第一話】 桜木紫乃

全文を読む

安楽死事件で心を失った女医に光を与えたものとは? 直木賞作家・桜木紫乃『ワン・モア』のスピンオフは本編の7年後を描く。

安楽死事件で心を失った女医に光を与えたものとは? 直木賞作家・桜木紫乃『ワン・モア』のスピンオフは本編の7年後を描く。

『ワン・モア』(桜木紫乃/KADOKAWA)

 直木賞作家・桜木紫乃さんの『ワン・モア』のスピンオフ作品「ワン・モア・ステップ」(全5話)が無料公開される。

 JTが運営するWEBサイト「ちょっと一服ひろば」での公開となるが、第1話だけは雑誌『ダ・ヴィンチ』1月号と「ダ・ヴィンチニュース」の特設ページでも公開される。

 本編の『ワン・モア』に収録された「十六夜(いざよい)」は、患者の孫娘の懇願から安楽死事件を起こし、離島に飛ばされた女医・柿崎美和の物語。人間不信に陥っていた美和は、傷の手当のために病院を訪れた漁師・昴といつしかカラダを重ねあうようになる。

 昴はかつて天才スイマーと呼ばれていたが、オリンピック予選でドーピングが発覚し失脚、心に深い傷を負っていた。彼は既婚者であり周囲にも二人の関係は知られていたが、あえてそうした状況からは目を逸していた美和だった。

 そんな寄る辺ない日常を送る美和のもとに、ある日、高校時代の友人・滝澤鈴音から連絡が入る。鈴音はがんの余命宣告を受けていた。

「うちの病院を頼みたいの」  彼女に残された時間は思った以上に少ないよ…

全文を読む

「かなり見ごたえのあるドラマになりそう」柴咲コウ主演ドラマ『氷の轍』に期待の声続々 原作は直木賞作家・桜木紫乃

「かなり見ごたえのあるドラマになりそう」柴咲コウ主演ドラマ『氷の轍』に期待の声続々 原作は直木賞作家・桜木紫乃

 『ホテルローヤル』で直木賞を受賞した桜木紫乃が、ドラマのために書き下ろした新作『氷の轍』が2016年9月27日(火)に発売された。さらに、同作を原作とした同名スペシャルドラマが2016年11月5日(土)に豪華キャストで放送されることが決まり、ファンからは「桜木先生の重厚なドラマをこのキャスト陣が演じるとか、期待しかないわ」と興奮の声が上がっている。

 人の心の機微を丹念に描くことで読者を魅了してきた桜木が、今回ドラマのために書き下ろした『氷の轍』は、冬の北海道・釧路が舞台。海岸で元タクシー運転手の男性の他殺死体が発見されるところから物語は始まる。刑事としてまだ駆け出しの大門真由は、家宅捜索する中で、生涯独身で身寄りもなかった被害者の滝川の孤独に触れる。「ひとり」に耐えられなくなった滝川がすがろうとしたものを糸口として、殺人事件をひもといていく―。  読者からは「殺人事件の真相からわかってくる被害者の孤独と、主人公の共感がまざまざと描かれていてのめりこんじゃう!」「わずかな糸口から真相がわかっていく過程が面白い! 久しぶりにミステリーに熱中できる作…

全文を読む

これが女の生きる道! 桜木紫乃×西原理恵子のセキララ対談

これが女の生きる道! 桜木紫乃×西原理恵子のセキララ対談

『ダ・ヴィンチ』2月号(KADOKAWA メディアファクトリー)

直木賞受賞作となった『ホテルローヤル』で一躍、ベストセラー作家になった桜木紫乃。妻で、母で、作家で地方出身。桜木との共通項も多く、どこか同じ匂いをもつマンガ家・西原理恵子が『ダ・ヴィンチ』2月号で対面。もともと西原の大ファンだという桜木が、西原の自宅を訪問して自身の作品や家族との関係について語り合っている。

【西原】 今はラブホテルも2時間2000円とか激安合戦で大変みたいですね。

【桜木】 ラブホテルって立地条件がすべてなんですよ。ローヤルはお墓参りするふりして行ける山の上にあったので、意外と中高年が多かったんです。

【西原】 夫婦かな。浮気かな。

【桜木】 憶測でしかないけど夫婦ものが多かった気がする。家だと気を使うからえげつなく汚していくんですよ。掛布団はぐったら真っ赤とか。

【西原】 そういう日だからホテルでやるんだ。

【桜木】 そう。すみません、こんな話……。

【西原】 とんでもない。楽しいです。つくだにみたいな男女の結果がベッドに残ってる、それを毎回取材できたんだから小説家としてはラッ…

全文を読む

直木賞作家・桜木紫乃に表現を与えた一人のストリッパー 桜木紫乃に表現を与えた一人のストリッパー

直木賞作家・桜木紫乃に表現を与えた一人のストリッパー 桜木紫乃に表現を与えた一人のストリッパー

『ダ・ヴィンチ』2月号(KADOKAWA メディアファクトリー)

直木賞受賞作となった『ホテルローヤル』で一躍、ベストセラー作家になった桜木紫乃。既成の幸福ではない、それぞれの幸せを透徹な視点で見つめ続ける彼女をつくったものとは? 『ダ・ヴィンチ』2月号ではその作品と彼女のすべてに迫っている。

新人賞受賞から5年半、書いても書いても活字にならない雌伏の時代、桜木さんは、今につながる運命的な出会いを果たす。きっかけは、たまたま目にした北海道新聞の、ある人気ストリッパーのインタビュー記事。そのなかでとくに衝撃を受けた“自分という原石を磨くのは自分だけ”という言葉――。どうしても、この人に会って話を聞きたい。桜木さんは矢も盾もたまらず、出版社のツテを頼り、彼女への取材を頼み込んだのだという。

「それまでストリップというものは男の人が行くものだと思っていたんですけれど、彼女のその言葉に圧倒的な気概を感じて劇場に行きました。それはもう美しいとしかいいようのない世界だったんですね。それでどうしても彼女のことが書きたくなって、取材にうかがったら、彼女はやはり、その記…

全文を読む

注目の新刊 『蛇行する月』 ダ・ヴィンチ2013年12月号

注目の新刊 『蛇行する月』 ダ・ヴィンチ2013年12月号

図書部員の仲間だった順子から、20歳も年上の職人と駆け落ちすると知らされ、言葉を失う清美。極貧の生活を幸せだという順子に、悩みを抱き、北の大地でもがきながら生きる元図書部員たちは強烈に引き寄せられていく——。直木賞作家が描きだす、切実な人間ドラマ。

全文を読む

注目の新刊 『無垢の領域』 ダ・ヴィンチ2013年10月号

注目の新刊 『無垢の領域』 ダ・ヴィンチ2013年10月号

「図書館業界の革命児」と称される市立釧路図書館の館長・信輝。名声を欲している書道家・秋津。養護教諭として家計を支える秋津の妻・伶子。大人たちが心の奥底に秘めている「嫉妬」を描いた、力作長編。『ホテルローヤル』で直木賞を受賞した著者の受賞後第1作。

全文を読む

「桜木紫乃」のおすすめ記事をもっと見る

「桜木紫乃」のレビュー・書評をもっと見る

「桜木紫乃」の本・小説

光まで5分

光まで5分

作家
桜木紫乃
出版社
光文社
発売日
2018-12-13
ISBN
9784334912550
作品情報を見る
果てる 性愛小説アンソロジー (実業之日本社文庫)

果てる 性愛小説アンソロジー (実業之日本社文庫)

作家
桜木紫乃
花房観音
宮木あや子
田中兆子
斉木香津
岡部えつ
まさきとしか
出版社
実業之日本社
発売日
2014-10-03
ISBN
9784408551951
作品情報を見る
星々たち (実業之日本社文庫)

星々たち (実業之日本社文庫)

作家
桜木紫乃
出版社
実業之日本社
発売日
2016-10-06
ISBN
9784408553139
作品情報を見る
エロスの記憶 (文春文庫)

エロスの記憶 (文春文庫)

作家
小池真理子
村山由佳
桜木紫乃
林真理子
桐野夏生
出版社
文藝春秋
発売日
2015-02-06
ISBN
9784167903077
作品情報を見る

「桜木紫乃」人気の作品ランキングをもっと見る

「桜木紫乃」の関連画像・写真

「桜木紫乃」の関連画像・写真をもっと見る