読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マッサゲタイの戦女王

マッサゲタイの戦女王

マッサゲタイの戦女王

作家
篠原悠希
出版社
光文社
発売日
2020-11-18
ISBN
9784334913731
amazonで購入する Kindle版を購入する

マッサゲタイの戦女王 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

紀元前600年前後の古代オリエントを舞台に、四大帝国時代の終焉と戦乱の時代を生きたマッサゲタイ女王・タハーミラィの数奇な運命を描く歴史小説。マッサゲタイ族に生まれて、初恋の相手によって部族の王カーリアフの側妃とされたタハーミラィ。希望を見出だせなかった境遇から、ファールース王クルシュとの運命的な出会い、そこから過酷な状況を夫と共に生き抜いて立場を自覚するようになってゆく彼女の覚悟、そして意外な半生を送った従兄のその後も印象的で、ロマン溢れる筆致で描いてみせた壮大な物語の結末にはぐっと来るものがありました。

2021/01/01

サケ太

青い瞳の乙女が、男たちとの出会いと別れ、失望から立ち上がり続け、マッサゲタイの女王となっていく。美しい情景描写が見知らぬオリエント世界の風景を想起させ、揺れ動く少女が、女、戦士として生き抜く姿を美しく、雄々しく描き出す。彼女がかつて夢見た光景。血塗れの現実、そして行き違い。思いは交錯し、少女の挑戦、男の旅路が交わった壮大な物語の終わりは読みごたえ抜群。

2020/11/19

ぽてちゅう

古代オリエント。邪眼と言われる夏の空のように青い瞳を持つ少女、タハーミラィ。その瞳を真っ直ぐに捉えて離さない3人の男性との出会い。タハーミラィが寄せる想いは、従兄ゼーズルへの純愛、夫であり王のカーリアフへの敬愛、他国の王クルシュへの忍愛。タハーミラィに寄せられる3人の想いは、諦めきれない恋慕、妃として王の側近としての信頼、騙した事実を逆なでる真心。タハーミラィが自ら築きあげたパラディサ(理想の王国)マッサゲタイの国とその国の人々を最愛の人として選んだラストは、裏表紙の風景のように爽やかです。

2021/05/02

多津子

紀元前のオリエントの愛と戦いと歴史の物語。氏族長の親族として生まれながら青い瞳が邪眼と恐れられ、神殿で母とひっそり暮らしていたタハーミラィ。従兄のゼーズルに恋をするもカーリアフ王の11番目の妃となる。そして王と共に訪れたバビロンで出合ったのは虐げられながらも気高くある小国の王クルシュ。純真無垢な少女が己の国を見て回り大国を知り、恋に破れ戦いを目の当たりにし力強い女王となっていく。歴史絵巻に恋愛を絡めた、とても読みごたえのある物語だった。ゼーズルの諸国放浪記も良い。当時の壮麗なる都も美しい庭園も見てみたい。

2021/04/03

えな

BC600頃の中東。青い瞳の為邪視と呼ばれ疎まれていた水ゲタイの娘タハーミラィが、従兄ゼーズル、マッサゲタイ王カーリアフ、ファールス王クルシュといった男達との出会いを経て王妃(の1人)としての努めを知り成長してゆく。ほのかな恋心、裏切り。経験を糧に慎重に周りを見渡し手腕を発揮しカーリアフと共に王国を統べ、女王となりついにクルシュと直接対決する。メディア帝都エクバターナでクルシュに言われた「皆が争わずに、ひとつの法の下に、敬い合い譲り合って、生きて行ける国はないものか」という言葉を胸に秘め。面白かった。

2021/02/23

感想・レビューをもっと見る