読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

能面検事の奮迅

能面検事の奮迅

能面検事の奮迅

作家
中山七里
出版社
光文社
発売日
2021-07-27
ISBN
9784334914165
amazonで購入する Kindle版を購入する

能面検事の奮迅 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

中山 七里は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。能面検事シリーズ第二弾は、森友学園問題をモデルにしたような検事ミステリ、最後は本線からずれました。 どうせなら財務省や安倍元総理を能面(不破)検事に糾弾して欲しかった(笑) https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334914165

2021/09/14

いつでも母さん

能面検事再び。シリーズ第2弾!あの不破・美晴コンビにまた会えた。国有地不当払い下げ、公文書改竄、贈収賄…どこかで聞いた事件が頭を過る。身内の聴取をする不破だがなかなか先へ進まない。相手は地検のホープに、財務局担当調査官だ。二人の接点は同じ大学卒。やがてそこから見えてくる事…過去と契りを前に自分の流儀を貫く不破と岬次席検事がカッコイイ。又しても犯人捜しはハズレの私だったが今回も面白く読んだ。

2021/08/28

修一郎

これは面白かったです。話題の事件を丸ごと取り入れて,という構成は恒例ながらも,本筋はちゃんとした人情ストーリー。検事モノは,捜査に勤しんだりで刑事とやってること同じじゃんという展開になりがちだけど能面検事は検事らしい働きぶり。最近薄味が目立つ中山作品だがこれは味わいありました。岬検事との共同捜査も良かったし。次は能面ぶりを遺憾なく発揮できるやつをお願いします。

2021/09/02

nobby

シリーズ第2弾。相変わらず一つも表情崩さない冷淡な顔貌、それまさに“能面”ぶりは健在!極めて冷静沈着でいながら謎めく行動を問うた答えが「自分で考えろ」と一切ブレない態度には畏れ入るばかり…その堅物が対峙するのは森友問題まんまの収賄に文書改ざんにと生々しい…自らの功ばかり求める呆れんばかりのエリートな輩達との対比は実に勇ましい!同時に、岬父の真摯な活躍にやっと出会えて感激(笑)終盤ようやく浮かび上がる理不尽かつ許すまじ悲しき真実。それを護ろうとする気持ちは同じながら、手段違って表れる原因は俠気と不器用さ故…

2021/10/22

タイ子

久々の能面検事・不破俊太郎。今回は大阪の国有地の払い下げに関して、議員と学園の理事長が関与するというどこかで聞いた事があるような疑惑事件が起こる。その上、担当検事の文書改ざん疑惑が持ち上がり大阪地検は揺れる。審査するためにやってきたのは東京地検の検事たち。何と、あの岬検事が登場!鬼の岬と呼ばれる検事は不破と共に事件の調査を始める。関与した者たちの過去が暴かれる時、この物語が単なる収賄事件に留まらない事を知る。さすが、七里さん。能面検事であろうと最後の詰めはナットクでした。それにしても岬検事がカッコいい!

2021/08/18

感想・レビューをもっと見る