読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新しい世界へ

新しい世界へ

新しい世界へ

作家
安藤美冬
出版社
光文社
発売日
2021-01-19
ISBN
9784334952242
amazonで購入する Kindle版を購入する

新しい世界へ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

luckyair

カテゴリーとしてはエッセイだったので、感情移入的にこの方を知らずに読んだのが少し勿体なかった。体験を後から振り返って書き起こしたもので、特にその時に意識して行動したからこうなった、というものではないのかなと思った。従って、これを読んだからといって容易に再現できるものではない。ただ、ビジネス本ではないという前提で読めば、ガチガチに目的思考になりがちな世の中の価値観から少し離れられる。「何となく気になる、は未来からの情報。そのタイミングが来たら、頭でこねくり回すことなく軽やかに自然体で行動する。」★★☆

2021/09/24

エフ

「おそれ」を手放すことで「新しい世界」へ行ける。「おそれ」と向き合うことが、しんどいかもしれない。手放すための方法の準備運動はすぐに取り入れられそう。1.日々、「いい気分」「心地良さ」を積み重ねる。2.「感謝ノート」を習慣にする。3.「感情ログ」をつける。

2021/02/11

writeloger

著者をある程度知っている方でしたら、楽しめる本と思いました。エッセイに近いです。

2021/09/20

しゅんぺい(笑)

安藤美冬さんめっちゃ久しぶりに見た。前よりも、ここ最近の自己啓発感が若干弱くなって、そういう意味では読みやすくなったような気がした。

2021/06/27

みねお

最近著者の名前をあまり聞かなくなったのでどうしていたのかと思っていたのですが、色々ありながらも元気でいらっしゃりようで安心しました。美冬さん節全開です。

感想・レビューをもっと見る