読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

眠るが勝ち

眠るが勝ち

眠るが勝ち

作家
南雲吉則
出版社
幻冬舎
発売日
2012-09-27
ISBN
9784344022539
amazonで購入する

眠るが勝ち / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ばりぼー

仕事が始まる前に体調を整えておくのは当然で、疲れは睡眠でしか回復できない。睡眠は長さではなく質、成長ホルモンが最も分泌される夜10時から夜中の2時が睡眠のゴールデンタイムで、早寝早起きをして朝日をたっぷり浴びセロトニンを分泌させることが重要である。一流の人なら酒をコントロールするのは当たり前、飲み会も2時間も経てば同じ話の繰り返しで何の生産性もないので、一次会で切り上げるべきである。長引くようなら一次会の途中で先に帰っても良い。みんなが酒を飲んでいる間にいち早く眠るのが、ビジネスで勝つ秘訣である。

2016/11/22

yomineko

20歳も若く見える南雲先生の睡眠方法。とにかく10時~2時の間には成長ホルモンが分泌されるので絶対に眠っていることが重要と説く。分かっているけど難しい~。それから先生は1日1食。夜だけ、食べている。そんなので体が持つのかなと思うけど人間は飢えているほど力が出るという。空腹にならないと食べてはいけない。お腹がグーっと鳴ってから食べる。でも働いていたら中々難しそうな方法。

2018/06/01

もーちゃん

南雲先生の本は数冊目だけど、似たような事ばかり書いてて、今回もあまり期待せずに読んだ。食べることも寝ることもより良く生きるための手段だ、という当たり前の事に気付かせてくれた。生理的欲求を断ち切るのは大変だけど「毎日絶好調で働く」為にがんばろう!

2013/02/27

BEAN STARK

仕事柄、夜10時くらいに終わって11時前に帰宅。既にゴールデンタイム。この時間に眠るためには仕事を変えないとムリ。コーヒーやお茶にはカフェインが含まれ、体に良いことよりも寧ろマイナス面の方が多い。脳が求めているだけであり、体は欲していない。ジョギングよりもドローインして歩く方が良い

2015/03/25

pon_chan

読んで実行:『はめ込み座り』腰がラクです。『なで洗い』たまにはゴシゴシしたくなるけど。『スーパーライスボール』塩昆布の代わりに焼き海苔で包む"おにぎらず"にしてる。 『10時までに布団に入る』早寝早起きが基本。 南雲先生オススメの『ごぼう茶』注文してみようかな←手作り面倒くさそうなので´д` ;

2015/01/27

感想・レビューをもっと見る