読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

だからこそ、自分にフェアでなければならない。 プロ登山家・竹内洋岳のルール

だからこそ、自分にフェアでなければならない。 プロ登山家・竹内洋岳のルール

だからこそ、自分にフェアでなければならない。 プロ登山家・竹内洋岳のルール

作家
小林紀晴
出版社
幻冬舎
発売日
2014-09-10
ISBN
9784344026278
amazonで購入する

だからこそ、自分にフェアでなければならない。 プロ登山家・竹内洋岳のルール / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

goro

日本人初の14座サミッターである登山家竹内洋岳さんにカメラマン小林紀晴がインタビューと同行した山行で本にまとめたもの。山には運、不運は無い。との言葉は考えさせられる。もっと知りたい竹内洋岳。頂上は通過点と俺も言ってみたい。明日晴れるといいなぁ~。

2017/04/21

Kei

清々し!かくありたし。山においても、地上にあっても。私には、無理だけれど、心持ちは、こうありたし、です。

2016/11/21

じじょ

登山家の竹内さん、写真家の小林さん、二人とも好きなので、これは迷わずに手に取った。気負わず、淡々と、山に向かう姿、考え方がとても素敵。

2014/10/09

drifting_girl

日本人初の14サミッター(世界の14座の8,000m峰を全て登った人をこう呼ぶらしい)、竹内洋岳さんと写真家・小林紀晴さんとの対話集。山の専門家(?)ではないからこその、14サミッターにこんなこと聞いていいのかな(実際、迷って聞かなかったり)という素朴な質問に、とても分かりやすく話をしてくれる竹内さんの話を、一緒に聞き入るように読み進めました。竹内さんの登山に対する信念とかルールはそのまま実生活にも十分通じるものだと思った。偉大なことをやり遂げられる人が持ち得るストイックさや勤勉さ、強さに溢れています。

2015/11/27

sibafu

写真家・小林紀晴さんによる登山家・竹内洋岳さんのインタビューとお二人で八ヶ岳の天狗岳に登ったエピソード、そして写真。いい本だった。山に登りたくなった。そしてもっと写真を撮りたくも。雪崩に巻き込まれて死にかけた竹内さんは、人に助けられて山でもらった命だから、自分は一度死んでいるから山で使っていいと言う。別の箇所では次の山に登りたいから死ぬわけにはいかない、とも言っていた気がするが。登山はしたいと思うが、死のうか生きようかとか常々考える、考え続ける世界って凄いなと思い覚悟がいるなと思う。山の魅力を感じた。

2014/09/15

感想・レビューをもっと見る