読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

MR

MR

MR

作家
久坂部羊
出版社
幻冬舎
発売日
2021-04-14
ISBN
9784344037632
amazonで購入する Kindle版を購入する

MR / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

久坂部 羊は、新作中心に読んでいる作家です。MRを中心に医薬業界の池井戸 潤を目指したのでしょうか?MRのことは良く解りましたが、エピソード多過ぎ冗長で、著者にしては残念な作品でした。高収入で楽な仕事はありませんが、MRはつらいよということでしょうね。 https://www.gentosha.co.jp/book/b13668.html

2021/05/08

いつでも母さん

38章540頁、製薬会社の営業マンのお仕事小説をフムフムと読み始めたのだが··ちょっと長くてしんどかった。新薬が出来るまで、病院への売り込み、医師との関係、同業他社との競争、会社内での駆け引き等々。ふぅ··本音と建前が私の頭の中でせめぎあう。病気なんて無いのが良いに決まってるが、製薬会社だって慈善事業じゃないよね。薬の世話にならずに済むならと思いつつ、薬を処方してもらうと安心するのも正直なところ。薬価の仕組みには常々疑問を抱いていたのでなおさら複雑な読後感。現実はもっとドロドロしてるのかもなぁ(汗)

2021/05/15

修一郎

MRっていうお仕事に興味津々だ。MRって薬学部出身ばかりじゃないのね。薬方ガイドライン収載に関わる攻防やガン放射線新薬の開発やら具体的な事例が盛りだくさんで滅法面白かった。昔ながらの御接待尽くし営業もまだまだありなんだね。そう言えばドラマでも多部未華子さんがゴルフの練習してたし。お医者さんを経営者に置き換えるとホント池井戸潤劇場だ。性悪なライバルも社内の悪代官もいるし。ちょっとやりすぎ感ありだけども楽しかった。エピソードは細切れでドラマ向きだ。ドラマやるとしたら紀尾中さんは大森南朋さんかね,やっぱり。

2021/07/12

紫 綺

プロパーからMRに変わっても、所詮医師と薬剤メーカーとの関係は変わらず!キツネとタヌキの馬鹿し合いのような気がしてくる。面白かったが、最後虚しさが残る。

2021/07/16

ネギっ子gen

著者名と書名に惹かれ――。デビュー作のインパクトのある題材に比べれば大人しいが、帯に<「患者ファースト」のMR vs. 儲けしか頭にないMR。患者が苦しめば苦しむほど、俺たちの給料は上がるんだよ。製薬業界の光と影を描いた>とあるように、医療ビジネス・エンタメとして秀逸。このホンで【半沢直樹風なドラマ化を希望!】“土下座”も“買収”あるし、視聴率取れると思いますよ。ナレーションは、もちろん、あの山根基世サマ。「敵の卑劣な妨害工作で窮地に追い込まれた、紀尾中以下・堺営業所MRチームの反転攻勢はあるのか――」⇒

2021/05/12

感想・レビューをもっと見る