読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

禁じられた青春〈上〉 (幻冬舎アウトロー文庫)

禁じられた青春〈上〉 (幻冬舎アウトロー文庫)

禁じられた青春〈上〉 (幻冬舎アウトロー文庫)

作家
沼正三
出版社
幻冬舎
発売日
0000-00-00
ISBN
9784344410985
amazonで購入する Kindle版を購入する

禁じられた青春〈上〉 (幻冬舎アウトロー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

最近やっと思春期が来た寺

面白い!。戦後最大の奇書と言われた小説『家畜人ヤプー』の著者・沼正三の赤裸々(露悪趣味?)なる私小説的自叙伝。私は十代の頃、憧れて手に取った『ヤプー』を途中で投げ出したが(笑)、これは面白い。自伝に昭和史(及びそれに纏わる日本史)が絡む。全ての思い出を記そうとしたかのような固有名詞たっぷりの記述も良い。史実に対する分析も面白い。貧しい家庭に育ち、盗癖が芽生え、マゾヒスト的な性に目覚める。田舎での差別や不潔な環境の記述も赤裸々で、何だかんだと時代は良くなっているのだと思った。読む愉しみが横溢。

2014/09/20

らむり

なんだこれ。。★★☆☆☆

Yuka

時代背景も合わせて考えると、この少年はすごくまともな感じがします。漢字や表現が難しいものもあって、私の頭では理解しきれない所もあるけど、歴史書にもなる1冊だと思いました。帯の「私は変態少年であった。」はかなりインパクト大でした(笑)

2012/03/28

しんすけ

三島由紀夫が絶賛した『家畜人ヤプー』の作者は沼正三だった。その結果、偉大なる変態小説作家として沼正三の名が日本人の襞に痼り付いた。だが『禁じられた青春』の著者は沼正三だろうか。本書の初版では著者名が「天野哲夫」だった。1982年に天野哲夫が『家畜人ヤプー』の作者のひとりであると公表してはいる。。。本書は変態の萌芽は見られるものも、変態の精神形成物語ではない。全体の構成は少年の葛藤を描いた自伝小説であり、デビッドコパフィールドを髣髴させる。ルソーの『告白』に触れるところに変態的雰囲気を醸すのが面白い。

2015/01/24

ひぽぽたます

全3巻で構成される、著者の青春と戦争を重ねて描く昭和史。正直評価に悩む。

2009/05/26

感想・レビューをもっと見る