KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

板尾日記3 (幻冬舎よしもと文庫)

板尾日記3 (幻冬舎よしもと文庫)

板尾日記3 (幻冬舎よしもと文庫)

作家
板尾創路
出版社
幻冬舎
発売日
2012-03-23
ISBN
9784344418295
amazonで購入する

ジャンル

板尾日記3 (幻冬舎よしもと文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

gonta19

2012/3/29 Amazonより届く。 2013/3/15〜3/19 久しぶりの板尾日記。相変わらず、板尾は板尾だった。この感性、自分には無いものねだりなので、凄く惹かれる。初めての子供の誕生も、自分の経験と比べてその嬉しさと戸惑いに共感。(でも、その後のことを考えるととても切なくなるが)

2013/03/19

馬場貴生

嫁が妊娠し、出産し、板尾はパパになる。多幸感にあふれた内容である。特に、娘が生まれてからの板尾は、感情豊かで、2007年時点の板尾家の風景を想像すると、幸せな気分になる。 それだけに悲しくなる。あまり言い過ぎると、ネタバレのようになる。 でも、僕は、娘が生まれた日にマーカーで線を引き、付箋を貼った。 この本を、文庫にするにあたり、板尾自身にどのような葛藤があったのかと思うと、やるせない。

2012/04/11

よっちゃん

読みました。

2013/10/09

よっちゃん

読みました。

2013/10/02

よっちゃん

読みました。

2013/09/04

感想・レビューをもっと見る