読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

800年後に会いにいく (幻冬舎文庫)

800年後に会いにいく (幻冬舎文庫)

800年後に会いにいく (幻冬舎文庫)

作家
河合莞爾
出版社
幻冬舎
発売日
2018-10-10
ISBN
9784344427907
amazonで購入する Kindle版を購入する

800年後に会いにいく (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いわし

「あたしを助けて。」クリスマス・イブに謎の少女からメッセージを受け取った飛田旅人。800年後の世界に絶滅したスズランを届けて欲しいという彼女の願い。ウイルス、生物の進化、ロボット等、様々なテーマを盛り込みながら、原発に頼ったエネルギー問題への強烈なアンチテーゼを投げかける本作。こんなのまとめられるの?という800年の時空を超えた壮大な旅は鮮やかに愛へと収束してしまう。21世紀版『火の鳥』といっても過言でない傑作漫画『スピリットサークル』にも通じる幸福な読後感。この物語は僕にとってのクリスマス・プレゼント。

2020/12/08

rosetta

★★★★✮就職活動に連敗中の飛田旅人は怪しい会社エターナルライフにバイトとして務め始める。そこには18歳で情報工学と総合医学の博士号を取った天才菜野マリアがいた。クリスマスイブに残業を頼まれた旅人がコンピュータを見守っていると800年後の少女メイから動画が届いた。残り少ないメイの命を救うためにはその世界では絶滅した鈴蘭が必要だ、誰か届けて下さいと。ウイルスで絶滅の危機にある世界でメイは抗体を作ることが出来る貴重な存在で、メイの命を救うことは何億という人の命を救うことにもなるのだ。800年後に向かう為旅人は

2020/09/01

すがやん

現在と未来の「かも知れない」物語。河合さんのSFは初めて読んだが面白かった。SF特有の難しさがあるのに、疑問を持つこともなくスッキリ纏まり、読みやすい。核のことやウイルスのことなど、色々と知ることも出来た。人類への警鐘という壮大さがあるのに、小さな恋物語でもあるという矛盾に笑った。

2019/09/03

left7

河合さんらしさとらしくなさが同居している作品でした。今のこの世の中だけに留まっていなかったり読みやすさが健在なのは河合さんらしいですし、恋愛要素が大きめに扱われているのは河合さんらしくないですかね。物語を完全に理解できたかは怪しいですが、謎に上手く引っ張られましたし、この作品の世界にある程度浸ることはできたので面白く読めました。

2019/08/10

らす

鏑木シリーズがどれも面白かったのでシリーズ以外の作品を初めて読んでみた。SFミステリー?ジャンルが難しいけど鏑木シリーズとは全く違うジャンルなのは確かです。800年後から届いたメッセージ動画をきっかけに未来を変えるために動き出す主人公。想像を超えた展開に後半はちょっと混乱してしまったけど、そう繋がるのか~!SF苦手だったはずだけど、どっぷり入り込んでしまいました。

2019/02/27

感想・レビューをもっと見る