読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ウツボカズラの甘い息 (幻冬舎文庫)

ウツボカズラの甘い息 (幻冬舎文庫)

ウツボカズラの甘い息 (幻冬舎文庫)

作家
柚月裕子
出版社
幻冬舎
発売日
2018-10-10
ISBN
9784344428027
amazonで購入する Kindle版を購入する

ウツボカズラの甘い息 (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

移動中に読んだ書店のオススメ。これはどうだろう…一言でまったくヒネリがない。文絵の背景にサプライズがあるにはある。しかしそれは、そういうことでした、というだけの特に何の効果も得られない類のもの。捜査の過程で色々と浮かび上がっても、それが犯人の肉づけになり、社会派として成立しているわけでもなく、また主役刑事が、独特の嗅覚や閃きで真相に肉薄していくわけでもなく、というか、秦の奥さんの設定必要だったか?な思わせぶりなだけの投げっぱなし感がすごい。どの路線に寄せたかったのか焦点がぼやけてしまった感じはすごくある。

2018/11/23

のり

「文絵」の抱える苦しみは、同級生の「加奈子」との出会いで介抱に向かったはずが、更なる悲劇を生むことに…加奈子の手伝いで化粧品セミナー講師を務めていたが、一件の殺人事件を発端に、実に覚えのない災いが次々と降りかかる。完全犯罪を目論む者は、計算高く頭がキレる。地味な捜査をする「秦」と「葉月」は必死に犯人の影を追う。弱者を喰いものにする。卑劣極まる犯行。まさかの展開後に更なる驚き。流石だ。

2019/07/07

JKD

学生時代は華やかでモテモテだった文絵も今では平凡な太った主婦。そんな文絵の心の隙間に忍び寄る元同級生 加奈子。加奈子の巧みな話術にまんまと騙され詐欺に加担していき・・・とまぁタイトルを読めばそれらしい展開だと思ってたのは中盤まで。秦刑事と中川巡査の活躍から事態は急変。真相が明らかになるまでの怒涛のどんでん返しに引き込まれ、後半は一気読みでした。

2018/10/20

Makoto Yamamoto

今回も展開が読めず、最後の急転直下の解決に改めて感動。複数の物語が進み、刑事視点での話とも協調し、どんどんのめり込んでしまった。人の入れ替わりを最初の方で感じられ、ビジネスの展開も慣れた感じがして、???はあったのだが、いい意味で騙されました。

2020/02/24

ケイ

ウツボカズラという言葉を、ほかの女性作家さんもタイトルに使っていたけれど、こういうわかりやすさは内容に斬新さがないというか。柚月さんのリーダビリティの高さはやはりさすがだが、登場人物達についての内面や動機を、物語の進行でなく、説明口調で済ませてやしないかしら。柚月作品は、最近はどうもバラツキがあるように思える。

2020/03/06

感想・レビューをもっと見る