読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

院長選挙 (幻冬舎文庫)

院長選挙 (幻冬舎文庫)

院長選挙 (幻冬舎文庫)

作家
久坂部羊
出版社
幻冬舎
発売日
2019-08-06
ISBN
9784344428812
amazonで購入する Kindle版を購入する

院長選挙 (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

じいじ@只今、リハビリ中

初読み作家。大学病院の権力闘争の舞台裏を描いた大作『白い巨塔』の昂奮を期待して手に取った。院長の謎含みの急死で、後任の院長権力争いが骨子のミステリー。医師・病院の本音と建前が赤裸々に語られて面白いのだが、シリアスな描写とコミカルな表現が玉石混淆なのが、個人的にはイマイチ不満です(作者の意図はエンタメ性も重視なのだろうが…)。物語の大義が「医療崩壊」への権力争いだけに、余談の笑いは、もっと控えめでも…。忘却の…山崎豊子『白い巨塔』の緊張感に、再度浸ってみたくなった。

2019/08/15

アッシュ姉

ブラック羊先生降臨。国内最高峰の大学病院を舞台にした痛快ドタバタ劇。院長の座をめぐり繰り広げられる不毛なバトルに黒笑いと苦笑い。内科と外科の対立に始まり、メジャーとマイナーの科の区別、扱っている臓器による格付けなど、序列の多さに仰天。自分の専門こそ最も重要で一番偉いという自画自賛、他の科に対する罵詈雑言がまぁひどい。かなり誇張されているが、多分に真実が含まれていると思われ、病院に行くのが怖くなること請け合い。ハチャメチャなブラックコメディが新鮮だったけど、ブラックシリアスな長編をまた読みたい。

2019/10/21

はれひめ

面白い巨塔とは如何にも。 内科と外科の覇権主義を誇張し過ぎ。裏を返せば医師が専門学科を愛し過ぎる所以からくるマウント取り合いか。多数の登場人物の命名からしておふざけが過ぎていて、途中からは流し読み。

2020/08/18

yamatoshiuruhashi

大学病院の病院長が急死しその後釜を狙う4人の教授たちの動向をスラップスティック調に描く。ノンフィクションライターが取材をしているという体をとっているが、この医療関係者たちの話すことはいかにも真実味がある。各診療科は他科をどう捉えているか、医師は医師以外をどう扱い患者と病気をどう考えているか。不朽の名作「白い巨塔」の範疇から抜け出し得ない状況であるがこれは現実がそうなのであって作者のせいではないだろう。往年の筒井康隆を思わせる軽快で毒を含んだ文章に段々と引き込まれてしまった。

2020/01/31

Kazuko Ohta

久坂部さんには真面目な作品と不真面目な作品がありますよね。これは後者。前者のほうが断然好きですが、軽く読める分、ふざけたほうも良しとして。登場する医師の名前からしてもうパロディ。章のタイトルは『面白い巨塔』。まるで吉本興業。フィクションのふりをした暴露本なのかも。どの医師も自分の専門こそいちばん偉いと思っていて、内心はお互いを蔑み合っているなんて。信頼できる医師はここには誰もいないし、誰が院長になっても困りもの。腕の悪い人格者より腕の良いゲス野郎が選ばれるってねぇ、でもまぁそういうことになっちゃうか。

2019/08/30

感想・レビューをもっと見る