読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

コンサバター 幻の《ひまわり》は誰のもの (幻冬舎文庫)

コンサバター 幻の《ひまわり》は誰のもの (幻冬舎文庫)

コンサバター 幻の《ひまわり》は誰のもの (幻冬舎文庫)

作家
一色さゆり
出版社
幻冬舎
発売日
2021-01-14
ISBN
9784344430501
amazonで購入する Kindle版を購入する

コンサバター 幻の《ひまわり》は誰のもの (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nobby

シリーズ2作目。ゴッホ《ひまわり》にフェルメールにと真作発見から盗難へと繋がる序盤の展開にはものすごく引き込まれる!真贋の判定が作風だけでなく、当時の手紙や文書から導かれると聞き思わず「ほほう」と感心。自分達の運命をかけて必死に探す二人だが、何やら真相は世界の今昔を股にかけた重いテーマへと…うーん、美術畑の作家さんのイメージとの意外さに戸惑うばかり…それとまた結構重要な人物や事柄の後出し感が否めず残念…まぁその後で驚かされる結末は用意してあるからいいのか(笑)ラストでの想像と違うキャラ乱入に続編が楽しみ♬

2021/06/06

よっち

大英博物館を辞めたコンサバタースギモトの工房に行方不明になっていたゴッホの《ひまわり》が持ち込まれ、保管している間に盗まれてしまった絵を取り戻すために調査に乗り出す第二弾。ひまわりとともに盗まれたフェルメールの知られざる幻の名作。交換条件に出された空港にある盗作品の存在。テロ組織と略奪された美術品の関係は難しいものがあると思いましたけど、スギモトは分かりづらい部分はあっても、美術品に対する情熱は間違いないんですよね…いろいろ因縁も明らかになってくる中で、最後に出てきた存在が今後どう影響してくるかですかね。

2021/02/24

ち~

シリーズ② フリーとなったスギモトはゴッホの《ひまわり》の鑑定、修復を依頼されるが、何者かに盗まれてしまう。しかも、《ひまわり》の一部を切り取られる映像をネット配信されてしまい、コンサバターとしての危機に陥る。犯人の正体と目的は?晴香、マクシミランとの調査は、アフガニスタンの現状へと大きなスケールで進展する。《ひまわり》奪還の緊張感!さらにラストで明かされた真実は大胆なドンデン返しで、美術品を巡る人々の情念が伝わる。お約束のスギモトと晴香のこれからも気になるところ。スギモトの父も登場。早く続きが読みたい!

2021/07/22

シフォン

コンサバターシリーズ第2巻。現在個人蔵であるゴッホの「ひまわり」、フェルメールの架空の作品「少女と手紙」と盗難に遭い行方不明中の「合奏」が登場するのが嬉しい。途中、説明調で退屈なところがあり、また、春香の活躍がなかったことは残念だったけど、最後は上手くまとまって腑に落ちる感じだった。組織にいたら難しくても、フリーになればできることもある。次作は、何が出てくるのかな。やっぱり楽しみ。

2021/02/18

みい坊

フリーのコンサバターとなったスギモト。彼に舞い込んだ依頼はゴッホのひまわり。更にフェルメールの幻の作品も絡んでとんでもない事件に巻き込まれたスギモトと晴香。どうなるのかと一気読み。フェルメールとメイドのエピソードが面白かった。未だ行方不明の「合奏」の構図やデルフトの眺望を描いた時の回想が印象に残った。今回は、フリーだからこその大胆なスギモトの行動で美術品を救う話。スギモトの美術品への真摯な思いが伝わった。女性修復士ヘルと、父 椙本との関係とか、アンジェラとか、スギモト回りの謎は深まる一方。続きが楽しみ。

2021/03/05

感想・レビューをもっと見る