読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

〈新版〉夜明けを待ちながら (幻冬舎文庫)

〈新版〉夜明けを待ちながら (幻冬舎文庫)

〈新版〉夜明けを待ちながら (幻冬舎文庫)

作家
五木寛之
出版社
幻冬舎
発売日
2021-07-07
ISBN
9784344431034
amazonで購入する Kindle版を購入する

〈新版〉夜明けを待ちながら (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あめ

私は暗い。馬鹿笑いして騒ぐのも好きだけど基本的にはふとした時、あるいは日によっては常時陰鬱な気分になる。それでも人から明るさを求められると無理に笑ってみせたり、ふざけてみせたりして自分がピエロのように思える事がある。ただここ数年は自分は自分で良いのだと思えるようになって徐々に自分本来の性格のまま振る舞って周囲に驚かれる。この本を読んで、やっぱり今後も私はこのスタンスでいこうと思えた。悲しい時は悲しみに浸って、可笑しい時は思い切り笑う。人生はいつも残酷だが私は自分の心の大事な部分は守り抜くぞ。

2022/01/23

コスモス

若者も読めるような文章で、五木さんの暖かさを感じます。 自殺する人が一人でも少なくなってと念じながら読みました。

2022/04/01

感想・レビューをもっと見る