読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

センチメントの行方 (3) (バーズコミックス)

センチメントの行方 (3) (バーズコミックス)

センチメントの行方 (3) (バーズコミックス)

作家
榎本ナリコ
出版社
幻冬舎コミックス
発売日
2019-03-22
ISBN
9784344844186
amazonで購入する Kindle版を購入する

センチメントの行方 (3) (バーズコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

クマリカ

今話題のジェンダーバイアスのお話(とも読みうる)。 女性が自ら能動的主体的に少し逸脱的なセックスを主導し、それに伴う罪悪感や罰をも引き受けるお話。 ありきたりの男性がそれらを引き受けるお話とは逆転して、ジェンダー的な挑発をしている。 特に教師とJKのお話は、御互いを記号化してしまう点で、常にモノ化記号化された存在とされるJKが、先生を記号化して我が物とする、ある意味復讐というか超克するような凄みがあった。 強くおすすめします。

2019/04/12

ですこ

センチメントの季節の続編出てたの知らなかった。この人の描くエロが好き。 短編だからサクッと読めるのもいい。

2019/03/24

感想・レビューをもっと見る